プラストークン(plustoken)情報まとめ

プラストークンのPLUSが大暴落?PsExのサーバーダウンの理由は?

更新日:

・最新案件【EXXA Wallet】

AppleStoreで公式アプリがリリース済です。

大注目!EXXA(エグザ)Walletとは?登録・入出金・運用方法【30万円相当の特典付】

  【※重要】EXXA(エグザ)Wallet公式からの情報等を下記のテレグラムで共有します ⇒https://t.me/joinchat/MBHKng7mepnwusXZr0Spfg 参加者 ...

続きを見る

※こちらの記事は以前までの

「はてなブログ」で発信していた内容です。

これまでのプラストークンに関する情報として読んで頂けますと幸いです。

 

『プラストークンのPLUSが大暴落した』

 

とネット上で、その様な話題が駆け巡りました。

 

「etbox」という

仮想通貨取引所にて

PLUS価格が大暴落し、

 

100ドル⇒1ドル

 

まで、たったの1日で

ナイアガラの滝もビックリな

下がり方をしています。

 

ツイッターでも話題になっており、

多くのユーザーが

プラストークンの暴落についてコメントしています。

 

 

でもね、、、

この価格の下がり方と言い、

明らかに「不自然」なんですよ。

 

PLUSが大暴落した仮想通貨取引所「etbox」について

まず、最初に

大事な事を伝えておきます。

PLUS大暴落の発端となった「etbox」ですが

 

プラストークン運営が

etboxに対して

上場してくれるように頼んだ事は

一度もありません。

 

『え?どういう事?』

 

と思う方にご説明しておくと

 

こういった取引所は、

その時々で話題となっている仮想通貨を

取引できる銘柄として、

半ば「勝手に」上場させます。

 

プラストークンのPLUSもその一つでして

運営がetboxにお願いした事は無く

勝手に上場されています。

 

最初にPLUSがetboxへ上場されたのが12月。

その後、etboxから忽然と姿を消し

2月に再度、銘柄として復活しています。

 

つまり、

etboxの何かしらの「都合」で銘柄として

 

「登場⇒削除⇒再登場」

 

した訳ですね。

 

つまり、、、

 

PLUSが上場して

etboxで売買されている事実はあるが

銘柄を追加したり削除したり、

いくらでも操作可能である

 

っていう事です。

 

PLUSの価格についても

同じ事が言えます。

 

取引所側はやろうと思えば

出来高を操作したり、

価格を操作することができるわけです。

 

etbox取引所の不自然なPLUS価格の乱高下

exbox取引所では

6月17日にPLUSの

不自然な動きが確認されています。

 

100ドル⇒203ドル

 

まで高騰し、次の日には

また203ドル⇒100ドルまで

暴落しています。

 

たったの1日で

100ドル以上の乱高下なんて

あまりにも不自然過ぎる動きです。

 

もちろん、

プラストークンのウォレット内でも

200ドルを超えた事なんて一度もありません。

 

他の仮想通貨の場合でも

取引所ごとに

多少の価格の差はありえます。

 

しかし、ここまで極端に

下がるような事は

 

「普通に考えて有りえない」

 

んですよね。

 

7月10日(本日)に関しても

これまた同じく、

たったの1日で100ドルも

価格が下がっています。

 

「価格操作されている」

 

そう解釈する方が、説明や辻褄が合います。

 

etboxの関係者や身内がPLUS価格を上昇させて売った可能性

6月17日に

PLUSの価格を上昇させ

関係者や身内が

一気に売った可能性も考えられます。

 

株式の"仕手戦"と同じです。

※仕手とは

仕手(して)とは、人為的に作った相場で短期間に大きな利益を得ることを目的に、公開市場(株式、商品先物、外国為替等)で大量に投機的売買を行う相場操縦の一種

価格上昇でPLUS買いを集め

一気に売りさばく事で

短期的に利益を出し

その反動で価格が急降下します。

 

配当型ウォレットとして

最も注目の集めているプラストークンのPLUS。

 

しかも、

他の仮想通貨市場に比べて時価総額も低く、

操作しやすい事から

目を付けられた可能性もあります。

 

7月10日にetboxのPLUS価格が下がった理由

あくまでも個人的見解です。

 

etbox取引所にて

PLUS価格が下がった理由として

 

・第三勢力よるetboxへの圧力

・価格操作を行い、大暴落を演出

・プラストークン運営がほとんどのPLUSを売却

 

が考えられます。

 

第三勢力によるetboxへの圧力、価格操作で大暴落

・プラストークンを潰そうとしている

・プラストークンを良く思わない

・プラストークンが流行ってもらっては困る

 

というアンチの団体も存在します。

その団体の規模や、

正確な情報までは分かりませんが

居るのは確かです。

 

etbox取引所は

中国の仮想通貨取引所です。

 

特に中国では

プラストークンを良く思わないアンチも多いので

自国の取引所であるetboxへ

アンチ団体(第三勢力)が圧力を掛けた

 

アンチ団体(第三勢力)から

etbox取引所へ何かしらの圧力があり、

価格操作が行われ

大暴落を演出した可能性もあります。

 

プラストークン運営がほとんどのPLUSを売却

運営が保有するPLUSを売却すれば

当然、価格は大幅に下がります。

 

現状を考えれば、

 

「運営のPLUS売却説」

 

も、十分に考えられます。

 

しかし、例えPLUSを売却したとして

それが問題になるのかどうか?

 

売却したPLUSをBTCやETHなどの

他の仮想通貨に両替して

保有していれば問題ないはずです。

 

また、サーバーに掛かる負担軽減、

作業の効率化を図るために

一度PLUSを手放したのかもしれません。

 

PsExのサーバーがダウン?第三者によるアクセス禁止

PsExにアクセスすると、、、

アクセス制限が掛かっています。

アクセスできなくて

 

『これはもう終わったんじゃ…』

 

と思っている方も多いですが

 

今まで止まらずにやっていた方が逆にすごい

 

一応サーバーの状況を見れるサイトで

PsExの確認をしたところ

エラーコードは「403」でした。

このエラーコードの意味は

 

・管理者が第三者のアクセスを制限

・アクセス過多によるサーバーダウン

 

を意味します。

 

みんながアクセスして

サーバーに負担を掛けると

プラストークン技術チームの

作業が滞るのは、分かっているはず。

 

しかし、分かっていても

etboxでのPLUS大暴落を知ってしまうと

 

多くの人が一斉に

PsExにアクセスしたのは容易に想像できます。

 

アクセス過多が原因での

サーバーダウンかどうかまでの確証はありません。

 

ただ、

プラストークン技術チームとしては

今のこの状況で

世界中から雪崩の様にアクセスされては困ります。

 

なぜなら、

作業が滞るからです。

 

サーバーダウンはしていないが

第三者によるアクセス制限を掛けて

オフライン上で

作業を進めている可能性もあります。

 

プラストークン大暴落の総括

プラストークンの現状として

やはり「待つしかない」のですが

 

世界最大の取引所の

バイナンスですら復旧に1か月

日本のコインチェックでも復旧に3ヵ月

 

掛かっている"事実"があります。

 

じゃあプラストークンは?

 

出金停止、配当停止など、

今回の騒動から

まだ半月も経過していません。

 

それに、

復旧作業は容易な事ではなく

ましてやプラストークンは

会員数が全世界で400万人を抱える

サービスとして展開させています。

 

多少時間が掛かっても、もう少し長い目で

見守っていいのではないでしょうか?

 

PlusToken(プラストークン)騒動から学ぶ事

今回の様な事態は

PlusToken(プラストークン)に限らず

どんなビジネスでも起こり得る「想定内」の出来事です。

 

「想定内」の事ですから

予め備えておく必要があります。

 

例えば、

資産のポートフォリオを最適化させる。

(※資産の保有割合)

 

PlusToken(プラストークン)だけ

それのみに投資するのは危険です。

 

勘違いして欲しくないので言っておきますと

 

「PlusToken(プラストークン)が危険」

 

という意味ではありません。

もしもPlusToken(プラストークン)に何かあった時

今回の様に配当が貰えない、出金できない状態が続きます。

 

仮にあなたが

PlusToken(プラストークン)のみに頼って

生計を立てていれば、

当然困るし、死活問題になるでしょう。

 

だからこそ

PlusToken(プラストークン)の以外の

 

・配当型ウォレット

・金(ゴールド)やアンティークコインなどの現物資産

・株式やFX、為替などの金融商品

 

などに

予め資産を振り分けておくべきです。

 

そうしておけば

例えPlusToken(プラストークン)の配当が停止しても

他のモノから収入を確保できるので

生活に困る事はありません。

 

このポートフォリオの考え方は

非常に大切な事です。

 

今回のPlusToken(プラストークン)から

ポートフォリオについて

学んで頂けますと幸いです。

 

以下に私が推進している

配当型ウォレットの記事をリンクしておきます。

Magic Money Castle(MMC:マジックマネーキャッスル)登録、運用方法

見た目はメルヘン 中身はしっかりしている新案件の登場です。   ドラゴンク〇スト? を彷彿とさせるような 親しみやすいプラットフォームになっています。     Magic ...

続きを見る

MMCは日利1%以上を

叩き出しています。

 

仮想通貨によるFXトレーディング

バイナリーオプションなど

収益の柱がいくつかあり

それらの運用益として日利1%以上を

実際に受け取っています。

 

参加者もどんどん集まっており

かなり注目を集めていますね!

よろしければ併せてご参照ください。 

 

 

続いて、

こちらの新しい形のウォレットである

KOK Wallet(ウォレット)もお勧めです。

 

「ゲーム × 配当型ウォレット」

 

という、斬新な組み合わせです。

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

 

ぜひ、KOK Walletの記事も

読んで頂ければと思います。

 

私経由で配当型ウォレットに参加した方々の声

最初は疑心暗鬼だった方ですが、

今では増額も考えているそうです。

 

夜の仕事をされている方ですね。

今後はバイナリーでも投資を試みて、

ある程度稼げるようになれば、

夜の仕事は辞めるそうです!

 

完全に特典目的で参加された方です(笑)

元々、私が販売するツールに興味があったようです。

この方の様に

 

「特典目的での参加」

 

でも全然OKです。

それでも毎日の配当で稼げてしまいますからね。

 

この方は仮想通貨や投資自体が初めてで、

分からない事だらけでした。

 

誰でも最初は分からない事ばかりですから

この様な形でサポートも致します。

 

LINEであれば確認もスムーズですので

LINEでご連絡して頂けますと幸いです!

 

配当型ウォレットに参加して

これから先の明るい未来を一緒に歩んでいきましょう!

 

あなたのご参加お待ちしております!!

おすすめ記事

1

  1月末に始まり、 現在も継続して運用中のポケットハッシュ。   登録してKYC認証するだけで 900ドル分の運用資金がもらえる!   という事で、日本国内でも かなり ...

2

  新型コロナウィルスの影響を受け 日経平均、NYダウともに暴落し 仮想通貨市場にもその余波は及んでいますね。   つい先日までは 1BTC=約9000ドルだったのが、 &nbsp ...

3

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

4

【追記】 ポケットハッシュの900ドル、プレゼントキャンペーンは4/25の23:59を持って、一旦終了となりました。   今回ご紹介するのは 新年1発目のウォレット案件です。   ...

-プラストークン(plustoken)情報まとめ
-, , , , , , ,

Copyright© 仮想通貨ウォレットで生活してみる? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.