プラストークン(plustoken)情報まとめ

【10/8】プラストークン最新情報 中国での説明会は行われたのか?

更新日:

・最新案件【EXXA Wallet】

※既存のブログ(はてなブログ)がはてな運営から削除された為、

今後はこちらより情報発信をしていきます。

既存ブログの内容はこちらのブログにも徐々に反映させていきます。

ブックマークよろしくお願い致します。

 

プラストークンの代表であるレオが

10月7日~8日にかけて

「中国の北京大学および上海大学で説明会を行う」

との情報がありましたが、

 

その説明会について

今のところ情報はありません。

 

今現在、説明会をしているのかもしれませんし、

2日間の説明会が終わった後に

何かしらの発表と動きがあるのかもしれませんね。

 

10月1日から本日(10/8)までに公開された情報について

まとめてお伝えしていきます。

 

 

韓国より、10/4のプラストークン情報

<10月4日を迎えて>

1. 去る 9月21日にオープンせず、10月4日を 私の個人的な心理的デッドラインに 設定しました。

本日、ソウルのカンナムであった会議の結果、すぐにオープンする可能性が 100%である為、私は 一切心配せずにもう少し待ってみます。

本日の会議は、ウォレットが ロックされて以降、最高の自信と確信に満ちた姿を 見ることができた会議でした。

2. プラットフォーム側では 実際に9月28日にオープンしようと試みましたが、予期せぬエラーが発生したようです。

オープン後には、この件についても詳しい事情を知ることができるみたいです。
(むしろ期待できる部分でもあります。)

3. オープン時期について 日付を指定した情報は 全てフェイクニュースです。
がしかし、本当にまもなくです。

焦らないでくださいね。

「ホームページを通じて アプリをダウンロードしてください」という メッセージを見れることでしょう。
※ アプリ(App)は コリアコミュニティ お知らせのリンクのみで ダウンロードしてください。

4. <100日間の苦労、100年の幸せ>として補償を受けるでしょう。

5. プラストークンが 戻ってくる姿は 犬でもオオカミでもなく、そのどれもが 触れることのできない勇猛なライオンのような姿であることを 確認しました。

6. オープン後の出金制限はありません。

7. PLUSは最高の決済手段となるでしょう。 この文章から 壮大なビジョンを感じてください。

8. プラストークンを 多段階の観点から見ると 何一つ理解をすることができません。

なぜ そうなのかについては、オープン後に セミナー会場や教育現場で一つずつ 説明させていただきます。

10月13日にはパブリックビューイングを、10月15日からはチームトレーニングを行う予定です。

9. お祝いは アプリのダウンロード後に行います。

まあ、この韓国からの情報は

これまで公開してきたモノと似たり寄ったりですね。

 

プラストークンは

9月末に復活の予定でしたが

サーバーのトラブルにより延期され、

中国政府との兼ね合いがあり、復活が遅れています。

 

中国政府との兼ね合いについては

以前までの記事でお伝えしていたように

 

「デジタル人民元」

 

の絡みですね。

 

プラストークンのウォレットアプリ(ver3.0)では

・通貨ペアにデジタル人民元が追加

・ゲーム機能の追加

・新技術による仮想通貨の分散保管

 

、、、などなど

大幅にアップデートされた状態で復活します。

 

それらのアップデート作業、

そして中国政府との交渉および兼ね合いがあるので

 

3カ月以上の時間が掛かっても、

まあ理解はできるかなと。

 

ただ一つ、不満を言うなら、、、

 

「公式からのアナウンスが無い事」

 

この一点に尽きます。

 

10月13日にはパブリックビューイングを、10月15日からはチームトレーニングを行う予定です

10月7日~8日に

上海大学、北京大学で説明会をするとの事でしたが、

現状はまだ分かりません。

 

ただ、韓国コミュニティでは

10月13日にパブリックビューイングを行う予定です。

 

これまでの

プラストークンの経緯、説明などを

大衆の前で行います。

 

そして10月15日は

組織全体を指揮する為のトレーニングを行う予定。

 

上記はプラストークン運営の話ではありません。

ですが、各コミュニティにも熱が入り

復活への期待が持てるモノかと思います。

 

プラストークンのデータが動いている事は明らか

『飛んだ』『フェイク』『何もかも嘘』『もう終わり…』

 

ネガティブな言葉を出せば

切りが無いですが、

このように思って、実際にSNSなどで

発言している方も多いでしょう。

 

停止して3カ月が経ち、

しかも運営からのアナウンスも無ければ

 

ユーザーの大半が

 

■「ネガティブな言葉」を発する、もしくは「諦め」ている、分からないから放置。

■時間は掛かっているけど大丈夫「復活を信じて待つ」。

 

という層に分かれます。

割合としては諦めているユーザーが多いですね。

 

どのような面持ちで

プラストークンの行く末を待つか?

 

それは自由なんですが、、、

皆さんに理解しておいて欲しいのは

 

アナウンスこそありませんが

プラストークン運営は

明らかにデータとしての動きがあり

生きているのは確かです。

 

この「データ」について、

 

ネットワークセキュリティなどの

PC関連の知識に詳しい方であれば理解できる内容ですが

 

理解できない場合は

話す内容が「意味不明」なので

深くは説明しません。

 

ただ前回の記事の通り

プラストークンのサーバーのポートが

開いているのは確認できております。

 

新たに

・plustoken.io ポート(22、3306、7001、7002、7443)5つのポート

・pluscoin.vip ポート(67、3306、888、21、21)5つのポート

・appdown.globalonline.cc ポート(3389)1つのポートのみ

 

上記のポートが開いているのが確認できており、

これら全ての接続規格は

中国国内でも接続できる「IPv9」に対応しています。

 

また、mysslより

サーバーの状況も確認できます。

 

https://myssl.com/plustoken.io?domain=plustoken.io&status=q

https://myssl.com/pluscoin.vip?status=q

https://myssl.com/img.pstoex.com?port=443&ip=103.80.133.130

https://myssl.com/download-cdn.globalonline.cc?status=q

 

サーバーの評価は

「T」や「B」ではありますが、

更新している痕跡も確認できております。

 

公式からのアナウンスはありませんが

データが全て証明していくれています。

 

世界一のバイナンス、そしてHuobi取引所も困難を乗り越えてきた

プラストークンは停止してから3ヵ月ですが

 

『復活はまだか?』

 

という声がある一方で

 

『これくらい時間が掛かっても当たり前』

 

という声もあります。

3ヵ月経過し、運営からアナウンスが無いのは

確かにどうなの?と思うのですが、

プラストークンに限らず

バイナンスやHuobi取引所も

営業停止などの困難を乗り越えて来て「今」があります。

 

バイナンスが乗り越えた困難

バイナンスは中国の取引所です。

 

ただ、ご存知の通り、

中国は仮想通貨関連の規制が厳しく

国内での営業が難しい状況まで追い込まれました。

 

営業停止措置や規制を受け、

結局は海外(マルタ)へと本拠地を移し

サービスを再開させています。(これに要した期間が6ヵ月)

 

また、2019年5月には

7000BTC(45億円相当)のハッキング被害を受け、

一時的に入出金が停止するも今は復旧しています。

 

Huobi取引所が乗り越えた困難

2013年に設立されたHuobiですが

2014年に国の政策により5ヶ月間の営業停止

2015年に再開するも、翌年2016には

「資金法違反」により8ヶ月間の営業停止措置を受けています。

 

今は、問題なく営業を再開し

世界三大取引所と数えられる程に成長していますが

今日に至るまで「困難」があった訳です。

 

バイナンスもHuobiも乗り越えた困難をプラストークンは乗り越えられるか?

人も企業も同じく、

困難を乗り越えた先に、

また新たな形で生まれ変わるモノです。

 

プラストークンには

数千億円規模の資産が眠っており、

復活して活動を再開していくのに

 

「十分過ぎる」

 

ほどの蓄えがあります。

 

今の中国政府との兼ね合いが

全て順調に上手くいき、予定がクリアされれば

困難を乗り越えて、復活するでしょう。

 

前々から伝えていますが、、、

 

『プラストークンが飛ぶ理由が無いですからね』

 

今回のまとめ

10月7日、8日に

中国でレオの説明会があったかどうか?

の確認は取れていません。

もしかすると説明会は開催していない可能性もあります。

 

ただ、プラストークン運営が動いているのは確実で

それらは全てデータで確認できる事です。

 

公式からのアナウンスが無いのは事実ですが

しっかりと動いているデータがある以上、

そこまで重要視する項目でもないですね。

 

もちろん、アナウンスがあれば安心はしますけどww

 

また情報があれば

こちらのブログにてお伝え致します!

 

※既存のはてなブログは削除されたので、

これからは、こちらのブログの情報を参考にして下さい。

 

PlusToken(プラストークン)騒動から学ぶ事

今回の様な事態は

PlusToken(プラストークン)に限らず

どんなビジネスでも起こり得る「想定内」の出来事です。

 

「想定内」の事ですから

予め備えておく必要があります。

 

例えば、

資産のポートフォリオを最適化させる。

(※資産の保有割合)

 

PlusToken(プラストークン)だけ

それのみに投資するのは危険です。

 

勘違いして欲しくないので言っておきますと

 

「PlusToken(プラストークン)が危険」

 

という意味ではありません。

もしもPlusToken(プラストークン)に何かあった時

今回の様に配当が貰えない、出金できない状態が続きます。

 

仮にあなたが

PlusToken(プラストークン)のみに頼って

生計を立てていれば、

当然困るし、死活問題になるでしょう。

 

だからこそ

PlusToken(プラストークン)の以外の

 

・配当型ウォレット

・金(ゴールド)やアンティークコインなどの現物資産

・株式やFX、為替などの金融商品

 

などに

予め資産を振り分けておくべきです。

 

そうしておけば

例えPlusToken(プラストークン)の配当が停止しても

他のモノから収入を確保できるので

生活に困る事はありません。

 

このポートフォリオの考え方は

非常に大切な事です。

 

今回のPlusToken(プラストークン)から

ポートフォリオについて

学んで頂けますと幸いです。

 

以下に私が推進している

配当型ウォレットの記事をリンクしておきます。

Magic Money Castle(MMC:マジックマネーキャッスル)登録、運用方法

見た目はメルヘン 中身はしっかりしている新案件の登場です。   ドラゴンク〇スト? を彷彿とさせるような 親しみやすいプラットフォームになっています。     Magic ...

続きを見る

MMCは日利1%以上を

叩き出しています。

 

仮想通貨によるFXトレーディング

バイナリーオプションなど

収益の柱がいくつかあり

それらの運用益として日利1%以上を

実際に受け取っています。

 

参加者もどんどん集まっており

かなり注目を集めていますね!

よろしければ併せてご参照ください。 

 

 

続いて、

こちらの新しい形のウォレットである

KOK Wallet(ウォレット)もお勧めです。

 

「ゲーム × 配当型ウォレット」

 

という、斬新な組み合わせです。

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

 

ぜひ、KOK Walletの記事も

読んで頂ければと思います。

 

私経由で配当型ウォレットに参加した方々の声

最初は疑心暗鬼だった方ですが、

今では増額も考えているそうです。

 

夜の仕事をされている方ですね。

今後はバイナリーでも投資を試みて、

ある程度稼げるようになれば、

夜の仕事は辞めるそうです!

 

完全に特典目的で参加された方です(笑)

元々、私が販売するツールに興味があったようです。

この方の様に

 

「特典目的での参加」

 

でも全然OKです。

それでも毎日の配当で稼げてしまいますからね。

 

この方は仮想通貨や投資自体が初めてで、

分からない事だらけでした。

 

誰でも最初は分からない事ばかりですから

この様な形でサポートも致します。

 

LINEであれば確認もスムーズですので

LINEでご連絡して頂けますと幸いです!

 

配当型ウォレットに参加して

これから先の明るい未来を一緒に歩んでいきましょう!

 

あなたのご参加お待ちしております!!

おすすめ記事

1

  1月末に始まり、 現在も継続して運用中のポケットハッシュ。   登録してKYC認証するだけで 900ドル分の運用資金がもらえる!   という事で、日本国内でも かなり ...

2

  新型コロナウィルスの影響を受け 日経平均、NYダウともに暴落し 仮想通貨市場にもその余波は及んでいますね。   つい先日までは 1BTC=約9000ドルだったのが、 &nbsp ...

3

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

4

【追記】 ポケットハッシュの900ドル、プレゼントキャンペーンは4/25の23:59を持って、一旦終了となりました。   今回ご紹介するのは 新年1発目のウォレット案件です。   ...

-プラストークン(plustoken)情報まとめ
-

Copyright© 仮想通貨ウォレットで生活してみる? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.