プラストークン(plustoken)情報まとめ

【10/27】中国の国営放送(CCTV)で報道されたプラットフォームはプラストークン?と最新情報まとめ

投稿日:

・最新案件【KOK Wallet】

「ゲーム×配当型ウォレット」

という新しい形のウォレットです!

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

プラストークンの復活に関して、

復活した際のPLUS価格が判明しました。

 

この価格については

「現段階の予定」

ですので、上がるor下がる可能性もあります。

 

価格を知りたい方は

こちらのLINE@まで

お問い合わせお願い致します。

 

では、今回の本題です。

 

ご存知の通り

中国は仮想通貨の規制が厳しく

 

中国国内の

・仮想通貨取引所

・マイニング工場

・仮想通貨関連の案件

 

などは撤退を余儀なくされました。

世界一の取引所であるバイナンスも

現在はマルタへと拠点を移し

運営を続けています。

 

そんな仮想通貨等に

「厳しい」と言われる中国ですが、、、

 

どうやら風向きが変わってきたようです。

 

BTCが爆上げ、その原因は習近平国家主席の発言

10/25の夜中

10/26に日付が変わってしばらくの事、

BTCが突如高騰しました。

その後、しばらくは

揉み合いが続き、最終的には

前日比で30%を超える価格まで上昇しました。

※現在は1BTC=100万円を前後しています。

 

このBTCの爆上げの原因となったのが

中国の習近平国家主席の

とある発言によるものです。

習近平「ブロックチェーン積極的に育成」発言により急騰

中国 暗号通貨サービス業態含め309箇所に「公式許可」

「ブロックチェーン育成は暗号通貨育成ではない」と言う反論も

ブロックチェーンを積極的に育成

散々、仮想通貨に対して

厳しい規制を掛けてきた国(中国)。

その中国の代表である、習近平国家主席が

 

【ブロックチェーンを積極的に育成】

 

と発言したわけです。

 

「ブロックチェーン=仮想通貨」

 

と必ずしも直結はしませんが、

ブロックチェーンの技術を用いて

BTCなどの仮想通貨は作成されています。

 

当然、そんな報道がされたら

仮想通貨の投資人口も多い中国では

BTCを買う人が増えるので、価格が上がるに決まっています。

 

暗号通貨サービス業態含め309箇所に「公式許可」

また、

【暗号通貨サービス業態含め309箇所に「公式許可」】

という事なので、

中国という国が直々に

暗号通貨に関するサービスを認めた形にもなります。

 

ブロックチェーン育成は暗号通貨育成ではない

もちろん、

これらに関する「反論」もあって

 

【ブロックチェーン育成は暗号通貨育成ではない】

 

という声ですね。

 

先ほども述べた

 

ブロックチェーンと仮想通貨が

必ずしも直結している訳ではない

 

この部分がそれに当てはまります。

 

しかし、ブロックチェーンは

限りなく仮想通貨に近しいモノです。

(※ブロックチェーンの技術で作成されたのが仮想通貨だから)

 

言うなれば

「ブロックチェーン≒仮想通貨」

ですね!

 

 

以上のように

習近平国家主席が発言したことで

BTC価格は上昇し、

それに連なる形でETH、XRPなどの

アルトコインも上昇しています。

 

それでも不安な方、

疑心暗鬼になっている方へ。

 

習近平国家主席の発言は

日本の産経新聞でも取り上げられていますよ。

中国主席、金融ITに意欲 仮想通貨「技術強化を」

https://www.sankei.com/economy/news/191025/ecn1910250045-n1.html

中国の国営放送(CCTV)による報道

こちらは10/25の

中国の国営放送(CCTV)による報道です。

中央委員会の政治局の第18回集団研究では、ブロックチェーンテクノロジーの導入と産業イノベーションの開発を促進するために、コアテクノロジーに依存しないイノベーションの重要なブレークスルーとしてブロックチェーンを使用したいと思います。

習近平国家主席を代表とした共産党委員会。

 

その共産党委員会が

ブロックチェーンを用いて

今までの技術を革新する

 

「新たな技術を開発する」

 

というような内容です。

 

そして、他にも

中国人民銀行からのニュースとして

中国人民銀行は、ブロックチェーン技術を利用したデジタル手形、プラットフォームのテストに成功しました。
中国人民銀行の発行の法定デジタル通貨は既に成功し、おそらくプラットフォームに搭載されるでしょう。

と、中国の国営放送(CCTV)により

ブロックチェーンに関する内容が

連日のように報道されています。

 

ちなみに、上記に記載してある、

 

「プラットフォームのテストに成功しました。」

「おそらくプラットフォームに搭載されるでしょう。」

 

なんですが、

 

この「プラットフォーム」が

プラストークンの事を指しているようです。

 

プラストークンがプラットフォームとして登場する伏線が存在していた。

今までの記事にて

プラストークンが

中国のデジタル通貨(CBDC)に

匿名で参加することをお伝えしておりました。

【10/15】中国のデジタル通貨(CBDC)にプラストークンが匿名企業として関与する?

・最新案件【KOK Wallet】 「ゲーム×配当型ウォレット」 という新しい形のウォレットです! KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】 スマホでよく使う ...

続きを見る

(※DCEPも関わっています。)

この記事中に、

中国の各種銀行やテンセント

UnionPayなど、有名な企業や団体が関与し

残りの「匿名企業」が

プラストークンだとお伝えしております。

7つの期間が関与しているという噂を確認し、独立したステータスを持つ8番目の機関があります。ただし、このソースは、8番目の会社の名前を拒否しました。

参照元:http://m.globalcomdir.com/index.php/apiCompany/news?id=28225&from=timeline&isappinstalled=0

 

このソース元の記事自体は

今年の8月のもので、

この頃から既に

 

「プラストークンが関与する伏線」

 

が提示されていた事になります。

 

8月と言えば、

停止して1ヶ月を過ぎた頃ですね。

 

各コミュニティも

様々な情報を掻き集めて

色々と情報発信していて

活気付ていた頃です。

 

「独立したステータス」という点が肝

この記事で述べられている

名前の公表が拒否されている

 

「独立したステータス」

 

の企業・団体(※プラストークン)

ですが、

 

"肝"となるのが

「独立したステータス」

である点です。

 

「独立したステータス」

つまり

既に公表されている

中国銀行やテンセント、アリババなどの

既存の企業・団体とは

「違う特徴がある」訳ですね。

 

もしこれが

プラストークンだと仮定すると

その特徴については

・MLMを採用した人海戦術

・仮想通貨を取り扱う金融サービス

 

ですね。

 

一部を除き、基本的には

MLMを禁止している中国。

仮想通貨の規制が厳しい中国。

 

そんな国が

8月の時期尚早とも言える段階で

 

どちらの禁止・規制にも引っ掛かる

「プラストークン」を

名指しして、公表する訳がありません。

 

名前を聞かれても「拒否」するでしょう。

※事実、上記の記事では8つ目の機関(おそらくプラストークン)について公表を拒否しています。

 

プラストークン復活前情報の8項目

1.世界20カ国(に対応する)のデジタル通貨をプラスのウォレットに入れなければならない

2.プラストークンと中国中央銀行とのドッキング作業は完了

3.米ドルの覇権、アメリカとの通貨の戦いは、第3次世界大戦のデジタル通貨戦争

4.来月のインターネット開通と今後の配当によって、ウォレットのRMB(人民元)デジタル通貨に直接変換することができる

5.中国で直接売買が可能で、アリペイくらいの消費を(期待)することができる

6.世界初のプロジェクト発起人であるソユジュ(プラス会員)に対して、キャンディ以外の補償ボーナスがある

7.最初のメンバーは、お金持ちになり、王の帰還は100%です。

8.もしアリペイが気になるのでしたら、検索してみればどの程度なのかを、あなたが直接判断可能だろうと思います。

上記の通り、

プラストークンと中国の中央銀行は

接続が完了し、

それぞれが相互に稼働出来る状態を示唆しています。

 

プラストークンが復活した暁には

現在、中国で良く利用されている

 

「アリペイ」

 

それと同じくらいの

利用する需要を見込めるようですね。

 

データの動きもあり、間もなく復活するとの情報も有り

PlusTokenビジネスアプリケーションがオンラインになります。

Plus Token支払いシステムへのサポートと信頼を世界中のすべての販売者に感謝します。

世界中のより多くのサードパーティのマーチャントやサードパーティプラットフォームが、デジタル資産の支払いにシームレスに適応する支払いシステムとトークンをより適切に使用してアクセスできるようにすることは、国境を越えたデジタル資産支払いの傾向に沿っています。

プラットフォームはまもなく標準APIインターフェイスを開き、HTTPS暗号化転送、POSTメソッド転送、XMLデータ形式、UTF-8文字エンコード、署名アルゴリズム、MD5、SHA1、SHA256、HMACなどとの互換性を処理します。
同時に、商用アプリケーションホワイトペーパープランの10%(2,000万PLUS)が、プラストークンの支払いをサポートする世界中のすべてのマーチャントに送信されます。
それぞれの配送方法は、後日発表されます。 プラストークンを確認

オンライン=復活

という意味ですね。

 

こちらの文章は

途中から難しい横文字が並んで

 

『全然、意味が分からん』

 

と言う方もいるでしょう。

まあ、めっちゃ要約すると

(15文字以内で)

私が毎度お伝えしているように

 

「データとして動きがある」

 

って事です。

 

実際、

プラストークンのサーバーについても

ほぼ全てのポートが開き、

緑色に変わり、

オープンが近いと予想されています。

 

下記の記事では

私自身でポートの確認をした内容を掲載しています。

【10/1】プラストークンの共同でデジタル人民元を発行する予定の中国政府

・最新案件【EXXA Wallet】 AppleStoreで公式アプリがリリース済です。 大注目!EXXA(エグザ)Walletとは?登録・入出金・運用方法【30万円相当の特典付】   【※ ...

続きを見る

 

今回のまとめ

ブログに掲載しようと

プラストークンの情報を

まとめている間に

 

次々と新たな

ポジティブ情報が出てくる状態です。

 

最初は国営放送(CCTV)の事だけを

記事にしようと思いましたが

執筆している間に

どんどん情報が出てきましたw

 

まあそれはそれで、良い事ですね。

 

・中国の習近平国家主席が「ブロックチェーン≒仮想通貨」について肯定的で積極的な発言をした事。

・国営放送(CCTV)でも報道された事。

・CBDC、DCEPの「匿名企業」がプラストークンである伏線が存在する事。

・データとしてプラストークンの動きがある事。

 

以上のように、

プラストークンが

復活できるだけの環境は既に整っています。

 

あとは、いつ復活してくれるのか?

 

という期待ですね。

(※11/11が濃厚ですが、それより前倒しになる可能性も有り)

 

また情報があれば

お伝え致します!

 

p.s.

私も参加している

SBLOCKですが、前日比30%を越えて

「1SBO=16ドル」

を記録しました。

本日(10/27)は

タイのプーケットにて

イベントも開催されており、

 

またまだ盛り上がる勢いの

SBLOCKです!

今後、ユーザー数は

さらに増加し、SBOの価格も

今以上に上昇していくと判断できます。

 

ぜひ、ご参加下さい。

Sblock(エスブロック)ウォレットとは?登録・入金・運用方法【30万円相当の特典付き】

【※重要】SBLOCK公式からの情報等を下記のテレグラムで共有します ⇒https://t.me/joinchat/MBHKnhQF-1n2PfGjd1AnAQ 参加者はもちろん、これから参加予定の方 ...

続きを見る

 

PlusToken(プラストークン)騒動から学ぶ事

今回の様な事態は

PlusToken(プラストークン)に限らず

どんなビジネスでも起こり得る「想定内」の出来事です。

 

「想定内」の事ですから

予め備えておく必要があります。

 

例えば、

資産のポートフォリオを最適化させる。

(※資産の保有割合)

 

PlusToken(プラストークン)だけ

それのみに投資するのは危険です。

 

勘違いして欲しくないので言っておきますと

 

「PlusToken(プラストークン)が危険」

 

という意味ではありません。

もしもPlusToken(プラストークン)に何かあった時

今回の様に配当が貰えない、出金できない状態が続きます。

 

仮にあなたが

PlusToken(プラストークン)のみに頼って

生計を立てていれば、

当然困るし、死活問題になるでしょう。

 

だからこそ

PlusToken(プラストークン)の以外の

 

・配当型ウォレット

・金(ゴールド)やアンティークコインなどの現物資産

・株式やFX、為替などの金融商品

 

などに

予め資産を振り分けておくべきです。

 

そうしておけば

例えPlusToken(プラストークン)の配当が停止しても

他のモノから収入を確保できるので

生活に困る事はありません。

 

このポートフォリオの考え方は

非常に大切な事です。

 

今回のPlusToken(プラストークン)から

ポートフォリオについて

学んで頂けますと幸いです。

 

以下に私が推進している

配当型ウォレットの記事をリンクしておきます。

Magic Money Castle(MMC:マジックマネーキャッスル)登録、運用方法

見た目はメルヘン 中身はしっかりしている新案件の登場です。   ドラゴンク〇スト? を彷彿とさせるような 親しみやすいプラットフォームになっています。     Magic ...

続きを見る

MMCは日利1%以上を

叩き出しています。

 

仮想通貨によるFXトレーディング

バイナリーオプションなど

収益の柱がいくつかあり

それらの運用益として日利1%以上を

実際に受け取っています。

 

参加者もどんどん集まっており

かなり注目を集めていますね!

よろしければ併せてご参照ください。 

 

 

続いて、

こちらの新しい形のウォレットである

KOK Wallet(ウォレット)もお勧めです。

 

「ゲーム × 配当型ウォレット」

 

という、斬新な組み合わせです。

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

 

ぜひ、KOK Walletの記事も

読んで頂ければと思います。

 

私経由で配当型ウォレットに参加した方々の声

最初は疑心暗鬼だった方ですが、

今では増額も考えているそうです。

 

夜の仕事をされている方ですね。

今後はバイナリーでも投資を試みて、

ある程度稼げるようになれば、

夜の仕事は辞めるそうです!

 

完全に特典目的で参加された方です(笑)

元々、私が販売するツールに興味があったようです。

この方の様に

 

「特典目的での参加」

 

でも全然OKです。

それでも毎日の配当で稼げてしまいますからね。

 

この方は仮想通貨や投資自体が初めてで、

分からない事だらけでした。

 

誰でも最初は分からない事ばかりですから

この様な形でサポートも致します。

 

LINEであれば確認もスムーズですので

LINEでご連絡して頂けますと幸いです!

 

配当型ウォレットに参加して

これから先の明るい未来を一緒に歩んでいきましょう!

 

あなたのご参加お待ちしております!!

おすすめ記事

1

  1月末に始まり、 現在も継続して運用中のポケットハッシュ。   登録してKYC認証するだけで 900ドル分の運用資金がもらえる!   という事で、日本国内でも かなり ...

2

  新型コロナウィルスの影響を受け 日経平均、NYダウともに暴落し 仮想通貨市場にもその余波は及んでいますね。   つい先日までは 1BTC=約9000ドルだったのが、 &nbsp ...

3

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

4

【追記】 ポケットハッシュの900ドル、プレゼントキャンペーンは4/25の23:59を持って、一旦終了となりました。   今回ご紹介するのは 新年1発目のウォレット案件です。   ...

-プラストークン(plustoken)情報まとめ
-, , , , , , ,

Copyright© 仮想通貨ウォレットで生活してみる? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.