プラストークン(plustoken)情報まとめ

【10/25】プラストークン最新情報まとめ「復活」「デジタル通貨」

投稿日:

・最新案件【KOK Wallet】

「ゲーム×配当型ウォレット」

という新しい形のウォレットです!

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

プラストークンが停止して

そろそろ4カ月に差し掛かる所です。

 

色々と情報はあり、

そのどれもが複雑で分かり難い部分も多いので

こちらで最新情報をまとめてお伝え致します。

 

まず最初に言っておくと

現時点において、

 

「詐欺だとは思えない」

 

ポジティブな情報も多いです。

 

中国のデジタル通貨(CBDC)に関する内容

最近のプラストークン情報として

主に中国のデジタル通貨(CBDC)の

 

「デジタル人民元」

 

に関する事をお伝えしてきました。

【10/22】プラストークンの復活時期が早まる可能性が出てきた件について

・最新案件【KOK Wallet】 「ゲーム×配当型ウォレット」 という新しい形のウォレットです! KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】 スマホでよく使う ...

続きを見る

【10/15】中国のデジタル通貨(CBDC)にプラストークンが匿名企業として関与する?

・最新案件【KOK Wallet】 「ゲーム×配当型ウォレット」 という新しい形のウォレットです! KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】 スマホでよく使う ...

続きを見る

現在、プラストークンは

中国政府の管理下で

デジタル人民元を普及させる為に

水面下で動いています。

 

ただ、中国政府にとって

プラストークン関連の情報は、

一つ上の情報として

「格上げ」されているようでして

 

それにより、

ほとんど情報が降りてこない状況です。

 

中国のメディアにてデジタル通貨がまもなく登場との報道

中国人民銀行(中央銀行)が

デジタル通貨の実験を行っており

まもなく世に登場する

 

といった様な内容のニュースを

現地メディアが報道しています。

https://bit.ly/2pbUhh7

5000トンの金がバックアップされます! 中国のデジタル通貨がまもなく登場!

翻訳がおかしいですが、

バックアップとは担保かと思われます。

つまり、ステーブルコインの

法定通貨担保型を意味すると思います。

中央銀行のデジタル通貨デジタルノート取引プラットフォームは、テストに成功しました

デジタル通貨の驚異的な成長は、国民の懸念を喚起します。

中国人民銀行は、デジタル通貨を発行し、実際のアプリケーションを実行する世界初の中央銀行になります。 デジタル通貨は本当に来ている!

現在、デジタル通貨の非常に正確な定義はありません。 NLD中央経済委員会のホ・マオチュン所長は、デジタル通貨は電子マネーであり、ネットワーク技術と密接に関連しており、紙幣の代替として機能する支払いと流通特性を有すると述べた。

デジタル通貨は、中央銀行によって認可されています

当然ながら、

この中国メディアにて

 

『プラストークンが関わっている』

 

などの情報は無く、

あくまでも

 

「デジタル通貨に関する事」

 

のみです。

 

中国政府によって

プラストークンに関する情報は

「格上げ」されているので

メディアで報道される事は無いでしょう。

 

デジタルマネー(DCEP)とデジタル通貨(CBDC)

中国国内でのみ使用可能なデジタルマネーDCEPと、光棍节(11月11日)に発行予定である世界20カ国で使用可能な中国人民銀行が発行するデジタルマネーCBDCに分かれています。

このデジタルマネー(RMB)は、中央銀行の統制の下、人民元と1:1で交換されます。

この両方が、プラストークンウォレットとアリペイ、ウィチャットペイ、テンセントなどに搭載される事が、アメリカとのデジタルマネー戦争において中国が優位に立つ為の先手となります。

ここにプラストークンが関連しており、特にDCEPを搭載する問題でオープン日の調整をしています。

ですので、オープンすれば大当たり間違いなしという事になりますし、中国政府としてはデジタルマネー戦争に死活をかけているので、プラストークンはオープンするしかありません。

DCEP、CBDCとエラーなしで互換性のあるウォレットは現在プラストークンだけであり、拡張性や技術力でプラストークンと中国政府が深センに設立された金融技術会社と手をつないで、Win-Winとなる訳です。

このデジタル通貨が

 

「復活の鍵」

 

を握っているのは、ほぼ間違いないかと。

 

プラストークンウォレットに

中国のデジタル通貨が搭載された形で

復活するのが示唆されています。

 

中国のデジタル通貨が開始される直前に復活?それとも早まる?

あくまでも噂ですが、

中国のデジタル通貨が開始されるのが

 

「11月11日」

 

という情報があります。

 

この日付情報に関しては

否定される一方で、

多くの方が支持する日付でもあり

注目すべき期間とも言えます。

 

ただ、前回の記事の通り

中国とアメリカの

 

「どっちが先にデジタル通貨を発行するか?」

 

という、水面下の戦いで

中国が急ピッチで進めている事もあり、

早まる可能性も出て来ています。

【10/22】プラストークンの復活時期が早まる可能性が出てきた件について

・最新案件【KOK Wallet】 「ゲーム×配当型ウォレット」 という新しい形のウォレットです! KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】 スマホでよく使う ...

続きを見る

どちらにせよ、

 

中国のデジタル通貨が発行される、その時(もしくは少し前)

 

がプラストークンが復活する時期なのかな~

と判断しています。

 

プラストークンのデータ等は毎日動いている

ここ最近は

プラストークンの復活に関して

ポジティブな情報が出て来ており、

私自身も当然ながら、復活を支持しています。

 

その支持する根拠の一つとして、

(というか支持する根拠の90%)

 

プラストークンのデータ等が

毎日動いている事です。

 

もし、プラストークンが

HYIPでポンジスキームで

運営実態も無い、

詐欺案件だったとしたら

・既にデータの動きは無い

・復活に関する何の情報も無い

・ネガティブな情報しか無い

 

という状態になっているかと。

そのような詐欺案件は

今まで沢山ありましたよね。

(投資案件、情報商材等)

 

ですが、

プラストークンのデータは

毎日動きがあり、

サーバーの増強も確認されています。

 

プラストークンのデータに関する動き

ドメインについて、

・www.pltoken.io
・www.plustoken.io
・download-cdn.globalonline.cc
・psex.meboss.top
・www.pstoex.com

 

が確認されており、

「データの追跡」「サーバーの再起動」

「作業更新の時間」など

そういった技術的な部分に

強い人達の元で、ずっと監視されています。

 

また、我々が

プラストークンに預入れている

BTCやETHのアドレスも判明しており、

それらも技術者によって

監視されている状態です。

 

(※この停止期間中も

プラストークンはAI-Dogを動かして

着実にコインの保有枚数を増やしています。)

 

プラストークン復活に関する情報

このブログでもお伝えしている通り、

中国政府とプラストークンは

中国のデジタル通貨を

普及させる為に動いています。

【10/1】プラストークンの共同でデジタル人民元を発行する予定の中国政府

・最新案件【EXXA Wallet】 AppleStoreで公式アプリがリリース済です。 大注目!EXXA(エグザ)Walletとは?登録・入出金・運用方法【30万円相当の特典付】   【※ ...

続きを見る

 

『じゃあ、いつ復活する?』

 

という"明確な日付"に関しては

プラストークンの情報自体が

中国政府によって

「格上げ」されているので

噂や予測の域でしか無いです。

 

ですが、

「復活の匂いがする」

のは間違いないですね。

 

ネガティブな情報が極めて少なくなった

プラストークンの

ネガティブな情報は

ほとんど出なくなりました。

 

プラストークンに興味が薄れて

「良いも悪いも情報発信する方が少なくなった」

ので、ネガティブな情報が出てこない

(そもそも発信しない)

事が、原因の一つでもあります。

 

しかし、

プラストークンが停止した当初に比べると

圧倒的にネガティブ情報は少なく、

何なら今は

ポジティブに取れる情報も多くて

復活にも期待出来る内容です。

 

今回のまとめ

プラストークンが

復活する鍵となるのは

ここ最近ずっとお伝えしている

「デジタル通貨」絡みです。

 

デジタル通貨が開始されれば

その時にプラストークンも復活するのではないか?

 

と思われます。

 

また情報があれば

お伝えしていきます!

※ブログのブックマーク(お気に入り)、よろしくお願いします。

 

PlusToken(プラストークン)騒動から学ぶ事

今回の様な事態は

PlusToken(プラストークン)に限らず

どんなビジネスでも起こり得る「想定内」の出来事です。

 

「想定内」の事ですから

予め備えておく必要があります。

 

例えば、

資産のポートフォリオを最適化させる。

(※資産の保有割合)

 

PlusToken(プラストークン)だけ

それのみに投資するのは危険です。

 

勘違いして欲しくないので言っておきますと

 

「PlusToken(プラストークン)が危険」

 

という意味ではありません。

もしもPlusToken(プラストークン)に何かあった時

今回の様に配当が貰えない、出金できない状態が続きます。

 

仮にあなたが

PlusToken(プラストークン)のみに頼って

生計を立てていれば、

当然困るし、死活問題になるでしょう。

 

だからこそ

PlusToken(プラストークン)の以外の

 

・配当型ウォレット

・金(ゴールド)やアンティークコインなどの現物資産

・株式やFX、為替などの金融商品

 

などに

予め資産を振り分けておくべきです。

 

そうしておけば

例えPlusToken(プラストークン)の配当が停止しても

他のモノから収入を確保できるので

生活に困る事はありません。

 

このポートフォリオの考え方は

非常に大切な事です。

 

今回のPlusToken(プラストークン)から

ポートフォリオについて

学んで頂けますと幸いです。

 

以下に私が推進している

配当型ウォレットの記事をリンクしておきます。

Magic Money Castle(MMC:マジックマネーキャッスル)登録、運用方法

見た目はメルヘン 中身はしっかりしている新案件の登場です。   ドラゴンク〇スト? を彷彿とさせるような 親しみやすいプラットフォームになっています。     Magic ...

続きを見る

MMCは日利1%以上を

叩き出しています。

 

仮想通貨によるFXトレーディング

バイナリーオプションなど

収益の柱がいくつかあり

それらの運用益として日利1%以上を

実際に受け取っています。

 

参加者もどんどん集まっており

かなり注目を集めていますね!

よろしければ併せてご参照ください。 

 

 

続いて、

こちらの新しい形のウォレットである

KOK Wallet(ウォレット)もお勧めです。

 

「ゲーム × 配当型ウォレット」

 

という、斬新な組み合わせです。

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

 

ぜひ、KOK Walletの記事も

読んで頂ければと思います。

 

私経由で配当型ウォレットに参加した方々の声

最初は疑心暗鬼だった方ですが、

今では増額も考えているそうです。

 

夜の仕事をされている方ですね。

今後はバイナリーでも投資を試みて、

ある程度稼げるようになれば、

夜の仕事は辞めるそうです!

 

完全に特典目的で参加された方です(笑)

元々、私が販売するツールに興味があったようです。

この方の様に

 

「特典目的での参加」

 

でも全然OKです。

それでも毎日の配当で稼げてしまいますからね。

 

この方は仮想通貨や投資自体が初めてで、

分からない事だらけでした。

 

誰でも最初は分からない事ばかりですから

この様な形でサポートも致します。

 

LINEであれば確認もスムーズですので

LINEでご連絡して頂けますと幸いです!

 

配当型ウォレットに参加して

これから先の明るい未来を一緒に歩んでいきましょう!

 

あなたのご参加お待ちしております!!

おすすめ記事

1

  1月末に始まり、 現在も継続して運用中のポケットハッシュ。   登録してKYC認証するだけで 900ドル分の運用資金がもらえる!   という事で、日本国内でも かなり ...

2

  新型コロナウィルスの影響を受け 日経平均、NYダウともに暴落し 仮想通貨市場にもその余波は及んでいますね。   つい先日までは 1BTC=約9000ドルだったのが、 &nbsp ...

3

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

4

【追記】 ポケットハッシュの900ドル、プレゼントキャンペーンは4/25の23:59を持って、一旦終了となりました。   今回ご紹介するのは 新年1発目のウォレット案件です。   ...

-プラストークン(plustoken)情報まとめ
-, , , , , , ,

Copyright© 仮想通貨ウォレットで生活してみる? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.