プラストークン(plustoken)情報まとめ

【10/22】プラストークンの復活時期が早まる可能性が出てきた件について

投稿日:

・最新案件【KOK Wallet】

「ゲーム×配当型ウォレット」

という新しい形のウォレットです!

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

 

前回の記事にて

5スターが集まった韓国連合?

が、10/20を期限に集団訴訟する

といった内容に対して

その情報が「フェイク」だった、とお伝えしました。

【10/19】実はウソ?!プラストークン運営への「訴訟」に関する情報について

・最新案件【KOK Wallet】 「ゲーム×配当型ウォレット」 という新しい形のウォレットです! KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】 スマホでよく使う ...

続きを見る

しかし、

韓国連合とは別で

韓国国内で270名のユーザーが

集団訴訟の手続きを開始しているようです。

 

韓国連合を名乗る

フェイク情報に感化された上の行動かと思います。

 

この余波がどこまで波及して

どのような展開になるのかは

見守る必要がありますね。

 

ただ、このフェイク情報が

「ある意味で良い方向」

に傾いたので、その辺りの情報を

今回はお伝え致します。

 

訴訟のフェイク情報等によって中国政府の対応が急ピッチに?

これまで、

プラストークンの復活日については

色々な情報が上っていましたね。

 

そのどれもが外れてしまい、

結果的には

「復活してない状態」な訳です。

 

ただ、また新たな情報として

来月の11日、つまり

 

「11月11日」

 

が新たな復活日として

濃厚な路線が出てきました。

 

その復活日を予定して

中国政府、プラストークンは

動いていたようですが

 

この復活日が

更に早まる可能性が出たとの事。

 

その原因となったのが

・フェイクの訴訟情報(前回の記事を参照

・アメリカのデジタル通貨(CBDC)

 

による影響です。

 

フェイクの訴訟情報による影響とは

韓国連合の訴訟情報は

結果としてフェイクだったのですが、

この情報は

フェイクだと判明するよりも早く

瞬く間に世界中に拡散されていきました。

 

当然、この情報自体も

中国政府の目に止まり、

 

「プラストークンが訴えられたら国営事業が進展し難くなるから困る」

 

という事で、

急ピッチで進めるようです。

 

そりゃそうですよね。

中国政府はユーザー数400万人以上の

プラストークンを含む

7つの企業・団体を軸にして、

デジタル通貨(CBDC)である

「デジタル人民元」を普及させようとしています。

【10/15】中国のデジタル通貨(CBDC)にプラストークンが匿名企業として関与する?

・最新案件【KOK Wallet】 「ゲーム×配当型ウォレット」 という新しい形のウォレットです! KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】 スマホでよく使う ...

続きを見る

それが

「プラストークンが訴訟されてポシャる」

となっては、

たまったモノではありません。

 

訴訟の決着が付く前に

デジタル通貨(CBDC)の事業を

予定よりも早く進めていくかと。

 

アメリカのデジタル通貨(CBDC)による影響

中国に限らず、世界中の銀行で

デジタル通貨(CBDC)の導入が検討されている。

 

というのが、今の現状です。

⇒世界の中央銀行がCBDC導入に向けて実証実験を実施中

 

当然ですがデジタル通貨の導入に関して

世界1位のGDPを誇るアメリカも含まれます。

 

ご存知かもしれませんが

アメリカと中国は「冷戦」と言われる程

仲が悪く、悪化状態にあります。

 

アメリカとしては

中国からの関税を引き上げたり

経済的な締め付けもしていますね。

 

中国側としては

習近平総書記が共産党大会にて

強軍路線、強国路線の宣言を行うなど

 

「対アメリカ」を

意識している部分は大きいです。

 

で、中国vsアメリカの話から

デジタル通貨(CBDC)の話に戻ると、

 

前々からお伝えしているように

中国は「デジタル人民元」を発行します。

 

当たり前の様に

アメリカもデジタル通貨(CBDC)を発行します。

 

ただ、アメリカに関しては

「デジタル通貨の発行はまだしばらく先の話」

だったのですが、

ここに来て数日前に

 

【アメリカが思ったよりも早く、デジタル通貨(CBDC)に動き出した】

 

事により、中国政府は

急ピッチでデジタル通貨(CBDC)の対応に

追われる事になりました。

 

中国とアメリカは

「冷戦」の様な状態です。

 

【どちらが先にデジタル通貨(CBDC)を発行するか?】

 

そんな戦いを繰り広げており、

中国政府としては技術的な部分で

アメリカに負けられないんでしょうね。

「ある意味で」中国とアメリカが

バチバチやり合ってくれると

デジタル通貨に関する内容が

活性化されていきそうです。

 

この結果として、

 

中国は、アメリカよりも早く

デジタル通貨(CBDC)である

「デジタル人民元」を世に出してくるかと思われます。

【10/15】中国のデジタル通貨(CBDC)にプラストークンが匿名企業として関与する?

・最新案件【KOK Wallet】 「ゲーム×配当型ウォレット」 という新しい形のウォレットです! KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】 スマホでよく使う ...

続きを見る

上記の記事通り、

中国のデジタル通貨と

プラストークンは密接に関わっています。

 

中国のデジタル通貨が出る時、

プラストークンも

同時に復活する可能性が高いですね。

 

今回のまとめ

フェイクで出回った

韓国連合の訴訟声明が中国政府まで届いた事。

 

中国とアメリカの

デジタル通貨のレース(競争)の影響。

 

それにより

プラストークンの復活時期が

早まった可能性が出た。

 

というのが今回の内容でした。

 

兎にも角にも、

プラストークンには

早く復活して欲しいものですね。

 

停止してから

3カ月半以上が過ぎて

各国のユーザーは

既に限界を超えていますから、、、

 

PlusToken(プラストークン)騒動から学ぶ事

今回の様な事態は

PlusToken(プラストークン)に限らず

どんなビジネスでも起こり得る「想定内」の出来事です。

 

「想定内」の事ですから

予め備えておく必要があります。

 

例えば、

資産のポートフォリオを最適化させる。

(※資産の保有割合)

 

PlusToken(プラストークン)だけ

それのみに投資するのは危険です。

 

勘違いして欲しくないので言っておきますと

 

「PlusToken(プラストークン)が危険」

 

という意味ではありません。

もしもPlusToken(プラストークン)に何かあった時

今回の様に配当が貰えない、出金できない状態が続きます。

 

仮にあなたが

PlusToken(プラストークン)のみに頼って

生計を立てていれば、

当然困るし、死活問題になるでしょう。

 

だからこそ

PlusToken(プラストークン)の以外の

 

・配当型ウォレット

・金(ゴールド)やアンティークコインなどの現物資産

・株式やFX、為替などの金融商品

 

などに

予め資産を振り分けておくべきです。

 

そうしておけば

例えPlusToken(プラストークン)の配当が停止しても

他のモノから収入を確保できるので

生活に困る事はありません。

 

このポートフォリオの考え方は

非常に大切な事です。

 

今回のPlusToken(プラストークン)から

ポートフォリオについて

学んで頂けますと幸いです。

 

以下に私が推進している

配当型ウォレットの記事をリンクしておきます。

Magic Money Castle(MMC:マジックマネーキャッスル)登録、運用方法

見た目はメルヘン 中身はしっかりしている新案件の登場です。   ドラゴンク〇スト? を彷彿とさせるような 親しみやすいプラットフォームになっています。     Magic ...

続きを見る

MMCは日利1%以上を

叩き出しています。

 

仮想通貨によるFXトレーディング

バイナリーオプションなど

収益の柱がいくつかあり

それらの運用益として日利1%以上を

実際に受け取っています。

 

参加者もどんどん集まっており

かなり注目を集めていますね!

よろしければ併せてご参照ください。 

 

 

続いて、

こちらの新しい形のウォレットである

KOK Wallet(ウォレット)もお勧めです。

 

「ゲーム × 配当型ウォレット」

 

という、斬新な組み合わせです。

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

 

ぜひ、KOK Walletの記事も

読んで頂ければと思います。

 

私経由で配当型ウォレットに参加した方々の声

最初は疑心暗鬼だった方ですが、

今では増額も考えているそうです。

 

夜の仕事をされている方ですね。

今後はバイナリーでも投資を試みて、

ある程度稼げるようになれば、

夜の仕事は辞めるそうです!

 

完全に特典目的で参加された方です(笑)

元々、私が販売するツールに興味があったようです。

この方の様に

 

「特典目的での参加」

 

でも全然OKです。

それでも毎日の配当で稼げてしまいますからね。

 

この方は仮想通貨や投資自体が初めてで、

分からない事だらけでした。

 

誰でも最初は分からない事ばかりですから

この様な形でサポートも致します。

 

LINEであれば確認もスムーズですので

LINEでご連絡して頂けますと幸いです!

 

配当型ウォレットに参加して

これから先の明るい未来を一緒に歩んでいきましょう!

 

あなたのご参加お待ちしております!!

おすすめ記事

1

  1月末に始まり、 現在も継続して運用中のポケットハッシュ。   登録してKYC認証するだけで 900ドル分の運用資金がもらえる!   という事で、日本国内でも かなり ...

2

  新型コロナウィルスの影響を受け 日経平均、NYダウともに暴落し 仮想通貨市場にもその余波は及んでいますね。   つい先日までは 1BTC=約9000ドルだったのが、 &nbsp ...

3

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

4

【追記】 ポケットハッシュの900ドル、プレゼントキャンペーンは4/25の23:59を持って、一旦終了となりました。   今回ご紹介するのは 新年1発目のウォレット案件です。   ...

-プラストークン(plustoken)情報まとめ
-, , , , , , , ,

Copyright© 仮想通貨ウォレットで生活してみる? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.