プラストークン(plustoken)情報まとめ

【10/17最新】プラストークンは明日(10/18)復活?現在の復活に関する重要情報

投稿日:

・最新案件【KOK Wallet】

「ゲーム×配当型ウォレット」

という新しい形のウォレットです!

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

 

プラストークン復活に関して

重要な情報が入ってきました。

 

今回はその情報について

お伝えしていきます。

 

※最初に言っておくと、この情報は100%を保証するものではありませんのでご了承下さい。

 

プラストークンは明日(10/18)に復活する?

韓国のグループにて情報がありました。

下記にて内容を記載します。

先ほど中国側の盛世連盟*創世会*の1番の方から連絡をもらいました。

イギリスから、中国を除いてアプリをオープンするとお知らせが来ました。

オープン時間は中国時間で明日の朝8時までとのことです。

事前に私が、あちら側に頻繁にプレッシャーを掛けていました。

ですが、ある一人が唐辛子粉を振り掛けるかの様に邪魔をしてきます。

「私たちは追跡システムを使って、あなたたちを全て見ているし、法的準備も万端だ」

このように伝えると、このゴミクズの様な人間は

「調査報告を受けたが問題ない、君たちが楽に無理なくオープンしろ」

このように話をした様です。

このゴミ畜生!

「そちらで明日の朝8時まで必ずオープンさせる、中国を除いてオープンさせる」

と話しました。

ここで、あなたの話を聞こうと思います。

今まで待ったので明日朝8時まで待つか、それとも今すぐ声明を出してより大きやプレッシャーを掛けるかです。

---------

少し注目してください。

プレッシャーを掛けても掛けなくても、オープンするしないは問題ないと思います。

しかし、私と私の知人の考えは、その人が待ってくれと言ったことが気になります。

その人は、本社とコミュニケーションが取れます。

今後はこの人を介して、我々は本社とのコミュニケーションを取ることになるでしょう。

ただ、その人が8時まで待ちなさいと言うだけ言った後に、消息が途絶えてしまうかも知れない可能性を危惧してます。

例えばこう言うことです。

キムウォンソク代表が韓国にニュースを出していたのは全てチンチョンを介してです。

そのチンチョンに代わる人物が今はこの人なのに、この人を失った場合にまた別の情報ラインをつかむ為には、かなりの時間がかかることになります。

----------

このようにしましょう。

今まで待ち続けましたので、明日の朝9時までは狂った様なフリをして待ってみましょう。

そして、オープンしたら羽が生えた様に飛び回り、オープンしなければ声明を発表しましょう。

声明の波及力はとても強いです。

全て作成しておきました。

明日までもオープンしなければ、「中国の1番」も何も言えないので、それを受け入れるしかありません。

----------

ここには日本のコミュニティの方もいらっしゃるので、日本の方の力も借りましょう。

まとまるのが正解です。

当然です。

日本の方々とも意見のすり合わせは別に行います。

それがいいですよね?

はい、支持します。

ふふふ。

こちらの内容について

もう少し深く、掘り下げていきます。

 

復活(オープン)させる時間について

イギリスからの情報として、

復活(オープン)は、10/18の中国時間で朝の8時まで

日本と中国の時差は「1時間」ですので

 

日本時間で明日の朝9時までには復活(オープン)される

 

との事です。

 

「法的準備は万全」とは、どういう事か?

今まで、プラストークンの復活日や

それらしい情報は数多く出回りましたが、

現在のところ、実際に復活した事は無く

時間だけが経過してきました。(3ヵ月以上経過しました;)

 

プラストークン運営から

何のアナウンスも無い事から

『詐欺だ!』という声も多数上がり、

当然ですが被害を訴える人達は日々増加しているのが現状です。

 

で、そんな状態の中で

『プラストークンを皆で訴えよう!』

という動きが各国のグループでちらほら出て来ています。

 

そう、「法的準備」とは

正にこの事で、仮に

【プラストークンが復活しない場合】

本当に集団で訴訟を起こし、

プラストークンを叩くようです。

 

「中国を除いてオープンさせる」とはどういう意味か?

現在、プラストークンの本社は

「中国⇒イギリス」

へと移転しており、代表のレオを含む

プラストークンの運営実態はイギリスにあります。

 

中国政府との交渉などで

レオは度々、イギリスから中国に足を運び、

プラストークンの復活に向けて進めてきました。

【10/1】プラストークンの共同でデジタル人民元を発行する予定の中国政府

・最新案件【EXXA Wallet】 AppleStoreで公式アプリがリリース済です。 大注目!EXXA(エグザ)Walletとは?登録・入出金・運用方法【30万円相当の特典付】   【※ ...

続きを見る

【10/15】中国のデジタル通貨(CBDC)にプラストークンが匿名企業として関与する?

・最新案件【KOK Wallet】 「ゲーム×配当型ウォレット」 という新しい形のウォレットです! KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】 スマホでよく使う ...

続きを見る

中国のデジタル通貨(CBDC)を

プラストークンのウォレット内にも組み込む。

 

という形で進めていたのですが、

 

中国政府とプラストークンが

中国のデジタル通貨(CBDC)に関して

兼ね合い、折り合いが付かなければ

「正直、復活は難しい」

と判断していました。

 

プラストークン運営も

それは理解しているからこそ

アプリ・システムの復活は先延ばしにして、

中国政府と絶賛やり取り中な訳です。

 

ただ、それは

プラストークンと中国政府の都合であって

 

『我々ユーザーにとっては関係ない、言い訳だ』

 

との声も多数上がっていました。

 

で、各国のコミュニティが

その多数のユーザーの気持ちを代弁し、

プラストークン運営に対して期限を設けて、

アプリを復活(オープン)させるよう要請した訳です。

 

上記でお伝えしたように

『期限までに復活しなければ集団訴訟してやる!』

という脅し付きでね。

 

しかし、

プラストークン運営からすると

中国政府とのデジタル通貨(CBDC)に関する

折り合いが付いておらず

「復活させづらい状況」なのは変わりありません。

 

なので今回は

 

中国政府とは折り合いがつかず

中国での復活(オープン)は現状不可能なので

とりあえず、、、

 

『中国を除いて復活(オープン)させる』

 

という選択肢を選んでいます。

 

明日(10/18)に復活(オープン)しない場合は訴訟が本格化する

訴訟に関して、海外では

日本以上に当たり前に行われます。

日本人はどちらかと言うと

大人しい気質なので

 

「訴訟をしたorされた」

 

という方は、あまり居ないでしょう。

※余談:私は訴訟された事も、した事もありますw

 

日常的に訴訟が行われる海外ですから

 

「明日、プラストークン側で本当に何も"動き"が無ければ」

 

海外勢は訴訟に対して

本格的に動き出し

問題解決へと進んでいくでしょう。

 

訴訟になってしまった場合は?

実際に訴訟になった場合。

 

訴訟と言っても、

「すぐに訴えられる」

というモノではありません。

 

訴訟できるだけの証拠とその根拠

そして、訴訟に関してどのように進めていくか?

などを弁護士もしくは弁護団と熟考します。

 

その後、証拠の整理などを行い

実際の「訴状」を作成して裁判所に提出し

相手に「訴状」が届いた段階で

やっと【訴訟】はスタートします。

 

ここまででも

最低でも2、3週間

もしくは1ヵ月は要するかと思います。

 

プラストークン自体が大きな規模であり

その証拠集めや整理に時間が掛かり

そう簡単に「訴状」の作成はできませんから。

 

で、訴訟がスタートした後も

裁判所を通して

両者(プラストークンと被害者)

は、幾度かのやり取りを行います。

 

このやり取りも

すぐに終わるものではなく

プラストークンの規模が規模なので、

最低でも半年くらいは掛かるかと思われます。

 

ですから、

実際に明日の期日が過ぎて

「訴訟の本格化」が進み

訴訟になったとしても

 

かなりの時間が掛かる事になります。

 

訴訟されるとプラストークンには「不利益」しかない

言わずもがな、ですが

訴訟されてしまうと

プラストークン側が敗訴するのが

ほぼ確実です。

 

訴訟される事は

プラストークンにとって「不利益」でしかありません。

・時間が掛かる

・弁護士費用、裁判費用が掛かる

・敗訴すれば賠償金が掛かる

 

ですから、

プラストークンとしては訴訟されては困るし

明日の期日までに

 

【何かしらの動きを見せてくれる】

 

と、私は判断しています。

 

今回のまとめ

とりあえずは

明日(10/18)朝9時までに何か動きがあるか?

を見守りましょう。

 

何もなければ

プラストークンを訴える形で

事は進んでいきます。

 

まあ正直な所、

プラストークンが復活してくれたら言う事なし

ですけどね。

 

PlusToken(プラストークン)騒動から学ぶ事

今回の様な事態は

PlusToken(プラストークン)に限らず

どんなビジネスでも起こり得る「想定内」の出来事です。

 

「想定内」の事ですから

予め備えておく必要があります。

 

例えば、

資産のポートフォリオを最適化させる。

(※資産の保有割合)

 

PlusToken(プラストークン)だけ

それのみに投資するのは危険です。

 

勘違いして欲しくないので言っておきますと

 

「PlusToken(プラストークン)が危険」

 

という意味ではありません。

もしもPlusToken(プラストークン)に何かあった時

今回の様に配当が貰えない、出金できない状態が続きます。

 

仮にあなたが

PlusToken(プラストークン)のみに頼って

生計を立てていれば、

当然困るし、死活問題になるでしょう。

 

だからこそ

PlusToken(プラストークン)の以外の

 

・配当型ウォレット

・金(ゴールド)やアンティークコインなどの現物資産

・株式やFX、為替などの金融商品

 

などに

予め資産を振り分けておくべきです。

 

そうしておけば

例えPlusToken(プラストークン)の配当が停止しても

他のモノから収入を確保できるので

生活に困る事はありません。

 

このポートフォリオの考え方は

非常に大切な事です。

 

今回のPlusToken(プラストークン)から

ポートフォリオについて

学んで頂けますと幸いです。

 

以下に私が推進している

配当型ウォレットの記事をリンクしておきます。

Magic Money Castle(MMC:マジックマネーキャッスル)登録、運用方法

見た目はメルヘン 中身はしっかりしている新案件の登場です。   ドラゴンク〇スト? を彷彿とさせるような 親しみやすいプラットフォームになっています。     Magic ...

続きを見る

MMCは日利1%以上を

叩き出しています。

 

仮想通貨によるFXトレーディング

バイナリーオプションなど

収益の柱がいくつかあり

それらの運用益として日利1%以上を

実際に受け取っています。

 

参加者もどんどん集まっており

かなり注目を集めていますね!

よろしければ併せてご参照ください。 

 

 

続いて、

こちらの新しい形のウォレットである

KOK Wallet(ウォレット)もお勧めです。

 

「ゲーム × 配当型ウォレット」

 

という、斬新な組み合わせです。

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

 

ぜひ、KOK Walletの記事も

読んで頂ければと思います。

 

私経由で配当型ウォレットに参加した方々の声

最初は疑心暗鬼だった方ですが、

今では増額も考えているそうです。

 

夜の仕事をされている方ですね。

今後はバイナリーでも投資を試みて、

ある程度稼げるようになれば、

夜の仕事は辞めるそうです!

 

完全に特典目的で参加された方です(笑)

元々、私が販売するツールに興味があったようです。

この方の様に

 

「特典目的での参加」

 

でも全然OKです。

それでも毎日の配当で稼げてしまいますからね。

 

この方は仮想通貨や投資自体が初めてで、

分からない事だらけでした。

 

誰でも最初は分からない事ばかりですから

この様な形でサポートも致します。

 

LINEであれば確認もスムーズですので

LINEでご連絡して頂けますと幸いです!

 

配当型ウォレットに参加して

これから先の明るい未来を一緒に歩んでいきましょう!

 

あなたのご参加お待ちしております!!

おすすめ記事

1

  1月末に始まり、 現在も継続して運用中のポケットハッシュ。   登録してKYC認証するだけで 900ドル分の運用資金がもらえる!   という事で、日本国内でも かなり ...

2

  新型コロナウィルスの影響を受け 日経平均、NYダウともに暴落し 仮想通貨市場にもその余波は及んでいますね。   つい先日までは 1BTC=約9000ドルだったのが、 &nbsp ...

3

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

4

【追記】 ポケットハッシュの900ドル、プレゼントキャンペーンは4/25の23:59を持って、一旦終了となりました。   今回ご紹介するのは 新年1発目のウォレット案件です。   ...

-プラストークン(plustoken)情報まとめ
-, , , , , ,

Copyright© 仮想通貨ウォレットで生活してみる? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.