プラストークン(plustoken)情報まとめ

【10/15】中国のデジタル通貨(CBDC)にプラストークンが匿名企業として関与する?

更新日:

・最新案件【KOK Wallet】

「ゲーム×配当型ウォレット」

という新しい形のウォレットです!

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

前々から噂されている

中国のデジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)。

※一般に「中央銀行発行デジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)」とは、次の3つを満たすものであると言われています。( 1)デジタル化されていること、(2)円などの法定通貨建てであること、(3)中央銀行の債務として発行されること。

 

前回の記事でもお伝えしているように

【10/1】プラストークンの共同でデジタル人民元を発行する予定の中国政府

・最新案件【EXXA Wallet】 AppleStoreで公式アプリがリリース済です。 大注目!EXXA(エグザ)Walletとは?登録・入出金・運用方法【30万円相当の特典付】   【※ ...

続きを見る

中国政府は

自国のデジタル通貨(CBDC)である

 

「デジタル人民元」

 

を発行しようとする動きがあります。

その発行に関して「匿名企業」として

プラストークンが関与するかも?と言われています。

 

中国のデジタル通貨(CBDC)が発行されるのはいつ?

フォーブスやメディア各社が

『中国のデジタル通貨(CBDC)が発行されるのは11月

と報道していますが、

 

これに関して、

中国の中央銀行である中国人民銀行の

易綱総裁は

 

『具体的なスケジュールは決まっていない』

 

と発言しています。

ですので、中国のデジタル通貨(CBDC)

そして「デジタル人民元」が発行されて

世に出るその正確な期日などは、今のところ判明していません。

 

ただ、フェイスブックの仮想通貨(リブラ)が

来年にも発行される事から

中国のデジタル通貨もそう遠くないでしょう。

 

発行に向けて動いている事は事実であり

それは中国が正式に発表している事ですからね。

 

後は、

「いつ発行される?」というだけですね。

 

中国のデジタル通貨(CBDC)にプラストークンが関与する?

この情報について

プラストークンの各コミュニティにて

上がっている内容でもあります。

 

私自身も前回までの記事で

この件に関してお伝えしました。

 

「中国のデジタル通貨(CBDC)に関与する」

と言われている企業・団体は主に8つ。

・中国工商銀行

・中国建設銀行

・中国銀行

・中国農業銀行

・アリババ(中国の通販企業)

・テンセント(アジアNO.1のIT企業)

・中国銀聯-UnionPay-(電子決済会社)

 

この上記7つに

プラストークンも関与して、合計で8つです。

 

プラストークンに関しては

未だ「匿名」として扱われている状態のようですね。

 

ただ、

デジタル通貨(CBDC)については

中国政府が指導して

行っている国営事業になるので

 

その詳細の部分は明かされておらず

「プラストークンが関与する」というのも

あくまでも"噂"として、捉えてもらえると宜しいかと。

 

プラストークン関与が明かされない理由

中国のデジタル通貨に関与する、

と言われているプラストークンですが

その点についてプラストークン公式からの発表は未だありません。

 

関与が明かされない理由については主に3つ。

・関与を明かすと混乱を招く

・国営事業なので公式アナウンスができない

・中国政府以外のアンチ(ハッカー等)に狙われるリスク

 

これらが懸念されるからです。

 

関与を明かすと混乱を招く

プラストークンが停止してから

「復活日」に関して様々な情報が飛び交っていました。

8月中、9月中、10月の初旬など。

 

この情報(日付)の出所は

韓国やドイツのコミュニティだったり

プラストークンの技術者と

繋がっている人物からの情報であったり、、、

 

その度に我々ユーザーは

情報に右往左往したり、

テンションが上がったり下がったり

正直、メンタル的にも疲弊しますよね。

 

そして、疲弊は負の感情となり

ユーザー自身の「アンチ的な発言」に変わり

ユーザー同士での争い、揉め事

などが実際に増えました。

 

つまり、既に「混乱状態」に有る訳です。

 

その「混乱状態」で

中国政府のデジタル通貨(CBDC)に

関する情報を正式に公開しても、

余計な混乱を招くだけです。

(※実現できるかどうかは、中国政府との兼ね合いなので…)

 

国営事業なので公式アナウンスができない

中国のデジタル通貨(CBDC)は

中国政府が管轄する国営事業です。

 

従って、この事業に関与する

企業や団体(上記の7つ)は

中国政府の管理下の元に置かれ

デジタル通貨(CBDC)に関する情報を

 

「勝手に公開する」

 

事は、当然ながら許されません。

許されない以上、

公式がアナウンスする事はないでしょう。

 

中国政府以外のアンチ(ハッカー等)に狙われるリスク

プラストークンが停止した当初

プラストークンと中国政府は揉めていました。

 

今は同じテーブルにつき、

交渉を進めている最中です。

 

ですので、現状考えられるのが

中国政府以外の勢力からの圧力やハッキングリスクです。

 

「復活日」を公式が直々にアナウンスすると

それに合わせてアンチは動き出します。

 

ですので、アナウンスできない状況の一つでもあります。

 

中国のデジタル通貨(CBDC)が発行される時にプラストークンは復活する?

中国のデジタル通貨(CBDC)

そして「デジタル人民元」が発行される

 

「その時」

 

が、現段階として

プラストークンが復活する日として

濃厚かと思われます。

 

ただ、デジタル通貨の件は

"噂"として言われているものであり

中国政府はもちろん、プラストークンからの

正式な発表ではありません。

 

そこは注意して下さい。

 

今回のまとめ

「中国政府が動いている。」

これは確実であり、

リブラに対抗して「デジタル人民元」は発行します。

※中国人民銀行の総裁が発言しています。

 

また、

「プラストークンのサーバーに動きがある。」

これもまた事実です。

【10/8】プラストークン最新情報 中国での説明会は行われたのか?

・最新案件【EXXA Wallet】  ※既存のブログ(はてなブログ)がはてな運営から削除された為、 今後はこちらより情報発信をしていきます。 既存ブログの内容はこちらのブログにも徐々に反映させてい ...

続きを見る

※データとして動きの確認ができています。

 

この2つの"事実"がある以上

『プラストークンが復活しない。』

『プラストークンは終わった…』

『プラストークンは詐欺だ。』

 

と、確定付けることは

決してできないですね。

 

プラストークンの復活は

まだまだ時間を要すると思いますが

温かい目で見守りましょう。

 

また情報があればお伝え致します。

 

PlusToken(プラストークン)騒動から学ぶ事

今回の様な事態は

PlusToken(プラストークン)に限らず

どんなビジネスでも起こり得る「想定内」の出来事です。

 

「想定内」の事ですから

予め備えておく必要があります。

 

例えば、

資産のポートフォリオを最適化させる。

(※資産の保有割合)

 

PlusToken(プラストークン)だけ

それのみに投資するのは危険です。

 

勘違いして欲しくないので言っておきますと

 

「PlusToken(プラストークン)が危険」

 

という意味ではありません。

もしもPlusToken(プラストークン)に何かあった時

今回の様に配当が貰えない、出金できない状態が続きます。

 

仮にあなたが

PlusToken(プラストークン)のみに頼って

生計を立てていれば、

当然困るし、死活問題になるでしょう。

 

だからこそ

PlusToken(プラストークン)の以外の

 

・配当型ウォレット

・金(ゴールド)やアンティークコインなどの現物資産

・株式やFX、為替などの金融商品

 

などに

予め資産を振り分けておくべきです。

 

そうしておけば

例えPlusToken(プラストークン)の配当が停止しても

他のモノから収入を確保できるので

生活に困る事はありません。

 

このポートフォリオの考え方は

非常に大切な事です。

 

今回のPlusToken(プラストークン)から

ポートフォリオについて

学んで頂けますと幸いです。

 

以下に私が推進している

配当型ウォレットの記事をリンクしておきます。

Magic Money Castle(MMC:マジックマネーキャッスル)登録、運用方法

見た目はメルヘン 中身はしっかりしている新案件の登場です。   ドラゴンク〇スト? を彷彿とさせるような 親しみやすいプラットフォームになっています。     Magic ...

続きを見る

MMCは日利1%以上を

叩き出しています。

 

仮想通貨によるFXトレーディング

バイナリーオプションなど

収益の柱がいくつかあり

それらの運用益として日利1%以上を

実際に受け取っています。

 

参加者もどんどん集まっており

かなり注目を集めていますね!

よろしければ併せてご参照ください。 

 

 

続いて、

こちらの新しい形のウォレットである

KOK Wallet(ウォレット)もお勧めです。

 

「ゲーム × 配当型ウォレット」

 

という、斬新な組み合わせです。

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

 

ぜひ、KOK Walletの記事も

読んで頂ければと思います。

 

私経由で配当型ウォレットに参加した方々の声

最初は疑心暗鬼だった方ですが、

今では増額も考えているそうです。

 

夜の仕事をされている方ですね。

今後はバイナリーでも投資を試みて、

ある程度稼げるようになれば、

夜の仕事は辞めるそうです!

 

完全に特典目的で参加された方です(笑)

元々、私が販売するツールに興味があったようです。

この方の様に

 

「特典目的での参加」

 

でも全然OKです。

それでも毎日の配当で稼げてしまいますからね。

 

この方は仮想通貨や投資自体が初めてで、

分からない事だらけでした。

 

誰でも最初は分からない事ばかりですから

この様な形でサポートも致します。

 

LINEであれば確認もスムーズですので

LINEでご連絡して頂けますと幸いです!

 

配当型ウォレットに参加して

これから先の明るい未来を一緒に歩んでいきましょう!

 

あなたのご参加お待ちしております!!

おすすめ記事

1

  1月末に始まり、 現在も継続して運用中のポケットハッシュ。   登録してKYC認証するだけで 900ドル分の運用資金がもらえる!   という事で、日本国内でも かなり ...

2

  新型コロナウィルスの影響を受け 日経平均、NYダウともに暴落し 仮想通貨市場にもその余波は及んでいますね。   つい先日までは 1BTC=約9000ドルだったのが、 &nbsp ...

3

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

4

【追記】 ポケットハッシュの900ドル、プレゼントキャンペーンは4/25の23:59を持って、一旦終了となりました。   今回ご紹介するのは 新年1発目のウォレット案件です。   ...

-プラストークン(plustoken)情報まとめ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 仮想通貨ウォレットで生活してみる? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.