プラストークン(plustoken)情報まとめ

【デマ情報】「プラストークン関係者が逮捕された」というアンチ記事にご注意を!

更新日:

・最新案件【EXXA Wallet】

AppleStoreで公式アプリがリリース済です。

大注目!EXXA(エグザ)Walletとは?登録・入出金・運用方法【30万円相当の特典付】

  【※重要】EXXA(エグザ)Wallet公式からの情報等を下記のテレグラムで共有します ⇒https://t.me/joinchat/MBHKng7mepnwusXZr0Spfg 参加者 ...

続きを見る

※こちらの記事は以前までの

「はてなブログ」で発信していた内容です。

これまでのプラストークンに関する情報として読んで頂けますと幸いです。

 

主に「仮想通貨ポ〇ス」などの

アンチ連中によるプラストークンの批判記事に関して。

現在、確かにプラストークンは出金制限が掛かっており

日利0.3%の配当も一時停止中です。

(※3カ月以上経過した今も出金および、配当は停止しています。)

 

プラストークンが停止している

その理由は、、、

世界最大の仮想通貨取引所である

バイナンスがハッキングの被害を受け

7000ビットコインを盗まれる事態が発生した影響です。

 

↓以下プラストークン技術側からの文章、翻訳文

現在、プラス・トーケンが一時的に支出を停止している理由先日、世界一の取引所であるBinanceがハッカーに遭遇した。被害額は7000 BTCで、ハッカーから資産を保護することができなかった。6月29日朝にプラストーケンで2000 BTCを2回過ごし、ハッカーと思われるものを感知して引き出しの要求を受けた。ハッカーのシステムが午後に処理されるのを防ぎ,ハッカーの手から逃れたが,ハッカーに注目されている.BTCの取引量が増えるとハッカーの活動が活発になる。Binanceでは7,000個のビットコインが盗まれ、回収できなかった。この事件を回避する唯一の方法は、大規模な攻撃を受ける前に発信アカウントをロックすることです。プラストークンが攻撃に耐えられるのであれば、PLUSコインは一晩で有名になるのではないでしょうか。ハッカーの保護を強化するために、Walmウォレット(オンライン)資産をオフラインのコールドウォレットに移動します。

バイナンスで7000ビットコインが盗まれ、

6月29日の朝にはプラストークンで

2000ビットコイン引きだそうとしたハッカーが居たようです。

 

プラストークンは事前にそれを防ぎ難を逃れました。

 

世界一のバイナンスがセキュリティを突破され

ハッキングの被害を受けた関係から

 

プラストークンは今後起こりうるハッキングの魔の手から

大切なユーザーの資産を守る為に

更なるセキュリティ向上として、現在アップグレード中です

 

ですので出金および配当が一時停止中なんですが

このタイミングと重ねる形で、

「デマ情報」が中国から流れて来ているんですよねw

 

で、そのデマを「ドヤ顔」で拡散している

ブロガーやツイッター民が、ギャーギャーと騒いでいる今ここ

 

真剣にプラストークンに取り組んでいるユーザーからすれば

今回の騒動はマジで気分を害します。

 

 

プラストークン関係者が逮捕された情報は全くのデマ

中国の大手仮想通貨メディアが取り上げた記事を

「COIN JINJA」の編集部が

 

プラストークンの関係者or設立者の6名が

バヌアツ共和国で市民権を獲得したが、インターネット詐欺で逮捕された

 

といった内容で公開しています。

 

↓その記事は下記の通り

中国メディアが報じた内容を

特に精査もせずCOIN JINJAが「安易に記載」した事で、

プラストークンに関する"疑心の波紋"が広がっています。

 

この記事なんですが

掲載元の中国メディアの物は「捏造」されているらしく

プラストークンを嵌める為に、作られた嘘の記事だそうです。

 

6月29日に

バヌアツ共和国で中国人6名が逮捕された事は事実です。

 

しかし、大元となるバヌアツ共和国では

「プラストークンの関係者」とは一切報道されていません。

 

↓下記が大元であるバヌアツ共和国のメディア記事です。

英語なので、見ても何を書いているか

正直、分からないかもしれません。

 

↓なので翻訳した文章を下記に

「6人の中国人が強制送還されます
写真の后には、この事件の中国语の绍介があります。本人は英语が分からないので、人の口を闻いて记忆を頼りに书きます。事件の细部の描写は必ずしも新闻の记事と一致するとは限りません

6月27日、中国人6人がバヌアツ警察に逮捕された。主に詐欺容疑だという。6人は1人当たり25万ドルから31万ドルのバヌアツパスポートを取得している。事件の発端となったのは、この6人が中国人の取引先に3つの土地を买った金を受け取ったのに、客に2つの土地だけを买って约20万ドルを分割払い、ヴィララ港に来た客が交渉に失败し、愤りを诉えて逮捕されたことだ。結果を抜いて、大根を持って泥の逮捕された6人のうち、一つは2012年がインターポール手配されていた「赤い通者」と、女は、国内のある銀行に手段を使って不法資金2.2おく億人民元(2.2おく)、バヌアツ隠匿を訪れ、パスポートを买った名前を変えた8歳の子供もここの読書がある。しかし、この女性は控えめではなく、多くの人と付き合い、ひいては他人の家庭を破壊したと紹介されている。不义は必ず杀す、という古言にも応ずる。
私はとっくに群の中で言って、私は公益诉讼の第1の祖の1つを打って、早く2004年に私はすでに総括して、たとえ法律のあなたに与える権力でも、あなた自身によって得ます。今回の詐欺師の登場は、被害者の告訴(または警察への通報)が原因だ。ここは法治国家で、诈欺师はとても弱いので、私は今回の事件を通じて、他の被害者は経験を吸い取って、法律の武器を取って积极的に権利を维持して、ヴィラ港を诈欺师の天国にならないで、ビリラ港の环境を浄化して、私にやっと见つけたことのない世の中の桃源が破壊された。このようなことは、中国人の全体的なイメージを下げることもできますが、长期的には良いことだと思います。いくつかの诈欺师は多くの犠牲を払って、他の诈欺师は少し気を引きます。ベラ港には、似たような詐欺師が何人かいる。起訴されて、最終判決を待っている。ベラ港に来ている皆さんは注意深く仕分けしてください。皆さんの幸運を祈ります。」

 

見てもらうと分かりますが、、、

 

プラストークンはどころか、

COIN JINJAや中国メディアの記事が挙げているような

「インターネット詐欺」とは全く無関係の記事です。

 

つまり今回の騒動は

 

バヌアツ共和国で中国人6名が逮捕(これはホント)

本件とは無関係なプラストークンを結び付けた捏造記事を中国メディアが掲載

 ↓

その掲載記事の精査もせず、COIN JINJAが日本語で記事にまとめて、拡散。

アンチ、プラストークンのブロガーやツイッター民がギャーギャー騒ぐ

 

という感じですね。

 

プラストークンを潰そうとしているアンチ連中は

やはり存在します。

 

そんなアンチは放置しておくべきですが

今回のように捏造までされては

プラストークン側も黙ってないかもしれませんね。

 

PlusToken(プラストークン)騒動から学ぶ事

今回の様な事態は

PlusToken(プラストークン)に限らず

どんなビジネスでも起こり得る「想定内」の出来事です。

 

「想定内」の事ですから

予め備えておく必要があります。

 

例えば、

資産のポートフォリオを最適化させる。

(※資産の保有割合)

 

PlusToken(プラストークン)だけ

それのみに投資するのは危険です。

 

勘違いして欲しくないので言っておきますと

 

「PlusToken(プラストークン)が危険」

 

という意味ではありません。

もしもPlusToken(プラストークン)に何かあった時

今回の様に配当が貰えない、出金できない状態が続きます。

 

仮にあなたが

PlusToken(プラストークン)のみに頼って

生計を立てていれば、

当然困るし、死活問題になるでしょう。

 

だからこそ

PlusToken(プラストークン)の以外の

 

・配当型ウォレット

・金(ゴールド)やアンティークコインなどの現物資産

・株式やFX、為替などの金融商品

 

などに

予め資産を振り分けておくべきです。

 

そうしておけば

例えPlusToken(プラストークン)の配当が停止しても

他のモノから収入を確保できるので

生活に困る事はありません。

 

このポートフォリオの考え方は

非常に大切な事です。

 

今回のPlusToken(プラストークン)から

ポートフォリオについて

学んで頂けますと幸いです。

 

以下に私が推進している

配当型ウォレットの記事をリンクしておきます。

Magic Money Castle(MMC:マジックマネーキャッスル)登録、運用方法

見た目はメルヘン 中身はしっかりしている新案件の登場です。   ドラゴンク〇スト? を彷彿とさせるような 親しみやすいプラットフォームになっています。     Magic ...

続きを見る

MMCは日利1%以上を

叩き出しています。

 

仮想通貨によるFXトレーディング

バイナリーオプションなど

収益の柱がいくつかあり

それらの運用益として日利1%以上を

実際に受け取っています。

 

参加者もどんどん集まっており

かなり注目を集めていますね!

よろしければ併せてご参照ください。 

 

 

続いて、

こちらの新しい形のウォレットである

KOK Wallet(ウォレット)もお勧めです。

 

「ゲーム × 配当型ウォレット」

 

という、斬新な組み合わせです。

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

 

ぜひ、KOK Walletの記事も

読んで頂ければと思います。

 

私経由で配当型ウォレットに参加した方々の声

最初は疑心暗鬼だった方ですが、

今では増額も考えているそうです。

 

夜の仕事をされている方ですね。

今後はバイナリーでも投資を試みて、

ある程度稼げるようになれば、

夜の仕事は辞めるそうです!

 

完全に特典目的で参加された方です(笑)

元々、私が販売するツールに興味があったようです。

この方の様に

 

「特典目的での参加」

 

でも全然OKです。

それでも毎日の配当で稼げてしまいますからね。

 

この方は仮想通貨や投資自体が初めてで、

分からない事だらけでした。

 

誰でも最初は分からない事ばかりですから

この様な形でサポートも致します。

 

LINEであれば確認もスムーズですので

LINEでご連絡して頂けますと幸いです!

 

配当型ウォレットに参加して

これから先の明るい未来を一緒に歩んでいきましょう!

 

あなたのご参加お待ちしております!!

おすすめ記事

1

  1月末に始まり、 現在も継続して運用中のポケットハッシュ。   登録してKYC認証するだけで 900ドル分の運用資金がもらえる!   という事で、日本国内でも かなり ...

2

  新型コロナウィルスの影響を受け 日経平均、NYダウともに暴落し 仮想通貨市場にもその余波は及んでいますね。   つい先日までは 1BTC=約9000ドルだったのが、 &nbsp ...

3

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

4

【追記】 ポケットハッシュの900ドル、プレゼントキャンペーンは4/25の23:59を持って、一旦終了となりました。   今回ご紹介するのは 新年1発目のウォレット案件です。   ...

-プラストークン(plustoken)情報まとめ

Copyright© 仮想通貨ウォレットで生活してみる? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.