プラストークン(plustoken)情報まとめ

【新年のご挨拶】と【最新のプラストークン情報】について

投稿日:

 

明けましておめでとうございます。

2020年になりましたね。

 

今年は東京でオリンピックが開催され

日本への、

非常に高い経済効果が期待できます。

 

その関係で

株式上昇にも少しは期待できますし、

何より人の流れが生まれる所に

当然、お金の流れも生まれてきます。

 

モロに顕著なのが

「Airbnb(民泊)ビジネス」ですね。

 

数多くの外国人が訪れるでしょうし、

その方たちが宿泊する場所を提供する

民泊ビジネスはさらに勢いを増していくでしょう。

 

で、昨年2019年の

配当型ウォレット市場についてですが、

 

次々と新たな配当型ウォレットが

生み出されては消え

どんどん淘汰されていった1年でした。

 

ローンチ当初と同じように

ずっと生き残っている

ウォレットもありますが、

その数は"極僅か"ですよね。

 

私が参加している配当型ウォレットで

最初と同じように生き残っているのは

・MMC(マジックマネーキャッスル)

・KOKウォレット

・EXXAウォレット

 

くらいでしょうか?

Magic Money Castle(MMC:マジックマネーキャッスル)登録、運用方法

見た目はメルヘン 中身はしっかりしている新案件の登場です。   ドラゴンク〇スト? を彷彿とさせるような 親しみやすいプラットフォームになっています。     Magic ...

続きを見る

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

EXXA(エグザ)Walletの両替・出金方法の解説

こちらでは EXXA(エグザ)Walletの 両替と出金方法を解説していきます。   EXXA(エグザ)Walletの概要はこちら   EXXA(エグザ)Walletの両替方法 配 ...

続きを見る

 

他のモノは現状として、

出金停止だったり

内容が大きく変化してしまったり…

 

どうなるか分からないからこそ

「分散投資」は必要不可欠ですね。

※配当型ウォレットだけでなく株や為替、現物も含む。

 

現在の配当型ウォレット市場とプラストークン

配当型ウォレットの先駆者と言えば

ご存知「プラストークン」です。

 

2019年の6月末に配当が止まり、

それ以降「復活する」「詐欺だ」等など

様々な情報が飛び交い、今日に至っています。

 

私も、このブログや

以前のはてなブログ

(※はてなブログは運営に削除されましたw)

でプラストークンに関する情報を

メインで発信しておりました。

 

プラストークンに関しては

良い情報も悪い情報もあり、

現状としては

 

「どうなるか分からない」

 

というのが率直な意見です。

 

2019年は

配当型ウォレット市場も大きく盛り上がり、

プラストークンが停止してからは

ホント様々な案件が軒並み出てきました。

 

しかし、その反面

現在も生き残っているものは

極僅かであり、半分以上のものが停止

もしくは内容が大きく変化しています。

 

この2020年も

新たな配当型ウォレット案件は

出てくるでしょう。

 

ですが、ユーザーも学習するので

生き残る案件、長続きする案件は

ほんの一握り。

 

早期に撤退を余儀なくされる案件が

そのほとんどだと思われます。

 

界隈を賑わす「プラストークン復活情報」について

年が明け、

韓国・中国・日本で

 

「プラストークンが復活する」

 

という情報が舞い込んできました。

 

プラストークンのコミュニティに

属されている方であれば

そういった情報も

耳にしているかと思われます。

 

その復活情報の元なっているのが、、、

 

・プラストークンのHPの内容が更新された

・Mysslでサーバー情報を見ると「coming soon」と表示されている

 

と、いったところですね。

 

で、その実際のURLがこちら

https://plustoken.io/

「We are COMMING SOON!」

 

と表示され、

プラストークンの復活を匂わす内容となっています。

 

写真の部分をクリックすると

各国毎で、

・プラストークンのIDや名前

・電話番号、メールアドレス

・住所

・パスポートや免許証

 

を入力・提出する画面に切り替わります。

 

↑この画面ですね。

 

これを見ると

 

『プラストークンが復活するし、自分のプラストークンの情報を入力しよう!』

 

と思いがちですが、

それは控えて下さい。

 

plustoken.ioというドメインは

プラストークンのドメインだと

言われてはいますが、

そうだと「確定」している訳ではありません。

 

plustoken.ioは

プラストークンと関係の無い

第三者により、個人の情報収集を目的に

意図的に作成されている可能性も

拭い切れない訳です。

 

もしも、plustoken.ioが

そうだった場合、

あなたの個人情報が筒抜けになります。

 

また、詐欺集団に

個人情報を売られる可能性もありますね。

 

それに、

本当にプラストークンが復活した時に

 

あなたになりすました誰かが

あなたのアカウント情報を使って

プラストークンのアプリにログインし、

保管してある仮想通貨を抜かれる可能性もあります。

 

ですので、現状としては

plustoken.ioにアクセスはしても良いですが

 

【個人情報の入力はしないで下さい】

 

せっかくプラストークンが復活したのに

大切な資産が抜かれてしまっては

意味がありません。

 

プラストークンは復活するの?しないの?

プラストークンに関して

一番の争点はやはりココですね。

 

「復活するのか?しないのか?」

 

冒頭でもお伝えしたように、

私の率直な意見としては

「どうなるかは分からない」です。

 

ただ、プラストークンが

どうなるかは分かりませんが

決して悲観的に見ている訳ではありません。

 

『復活するかもしれないよね~』

 

という希望的観測はあります。

 

希望的観測その1:中国の「暗号法」が施行された

プラストークンは中国政府の傘下に入り

中国政府の指導の下、動いている

とされています。

 

プラストークンのアプリ内に

デジタル通貨(DCEP)が搭載され

それを引っ提げて復活する

と言われています。

 

その中国ですが

年明けの1月1日に「暗号法」が施行されました。

 

暗号法は中国における

暗号通貨(仮想通貨)の法律で

これを皮切りに

 

「中国のデジタル人民元の下準備が整った」

 

とも、言えるわけです。

 

プラストークンに

DCEPが搭載されなければ

この話も無関係なことになりますが

「全く無関係」と、切り捨てるように

全否定はできないんですよね。

 

↓詳しくは過去記事をご参照下さい。

【10/25】プラストークン最新情報まとめ「復活」「デジタル通貨」

・最新案件【KOK Wallet】 「ゲーム×配当型ウォレット」 という新しい形のウォレットです! KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】 スマホでよく使う ...

続きを見る

【10/15】中国のデジタル通貨(CBDC)にプラストークンが匿名企業として関与する?

・最新案件【KOK Wallet】 「ゲーム×配当型ウォレット」 という新しい形のウォレットです! KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】 スマホでよく使う ...

続きを見る

 

希望的観測その2:プラストークンが我々の資産を現金化させている?それホント?

BTCを始めとして

仮想通貨市場全体が

大きく値下がりする事があります。

 

ここ最近は

大きな値下がりをする度に

毎回のように

 

「詐欺集団のプラストークンが仮想通貨を売って現金化しているから価格が下がっている」

 

という内容が

各ネット記事にて報道されます。

 

プラストークンには

かなりの額の仮想通貨が眠っています。

 

それが定期的に大口で売られるとなると

仮想通貨市場全体の

価格が低下するくらいの影響力は

確かにあります。

 

ですが、、、

『本当にプラストークンが売っているのか?』

 

と言えば、

「イエス」とは言えません。

 

なぜなら、

仮想通貨を現金化する場合は

仮想通貨の取引所にて

KYC認証(パスポート等による身分認証)

を行い、身分を明かした上で初めて

現金化する事ができます。

 

日本の取引所でもそうですよね。

KYC認証しないと

「絶対」に円には現金化できません。

 

となると、プラストークン運営が

手持ちの仮想通貨を現金化すると

その足は付きますし、身分も特定されます。

 

確実に足取りを掴まれて

逮捕まで至るわけです。

 

ですが、現状として

「プラストークンの代表のレオを含む運営陣」

が逮捕されたニュースは

一切報道されていません。

 

仮想通貨に何かと厳しい中国。

その中国が未だに逮捕しない理由は何か?

 

そこを考えれば

見えてくるモノがあるかもしれません。

 

希望的観測その3:中国がプラストークンを逮捕していない

先ほどの内容の続きです。

 

1月1日に暗号法が施行されましたが

それでも中国は

仮想通貨の規制が厳しいです。

 

また、日本に比べて

「詐欺罪」の刑罰も重く

最悪、極刑も科せられるくらいです。

 

世間ではプラストークンが

『詐欺だ!』『現金化している!』

と叫ばれる中、

 

中国の公安は未だに逮捕に至らず、

現状としてはプラストークンは

野放しで未逮捕の状態です。

 

・なぜ野放しなのか?

・なぜ逮捕しないのか?

 

私なりの見解を申しあげると

【逮捕するメリットがないから】

です。

 

これまでにもお伝えしているように

プラストークンと中国政府が

手を組んで、デジタル人民元

DCEPの発行を進めている情報があります。

 

いわば、

ビジネスパートナーであり

お互いが手を取り、協力関係にあるわけです。

 

そんなビジネスパートナーである

プラストークンを中国政府が

わざわざ逮捕する必要があるのか?

と言えば、全くないですよね。

 

逮捕するメリットがありません。

 

プラストークンが

野放しで、未逮捕である現状は

どうにも「違和感」だらけなんですよね。

 

中国政府が

プラストークンを詐欺だと認め、

捜査を始めて動きだせば

すぐに逮捕できるハズですから。

 

中国では日本を遥かに上回る

プラストークンユーザーがいます。

 

その方たちの一部が

『プラストークンが詐欺だ!』

等と訴えており、その声は

当然、中国政府にも届いてるでしょう。

 

詐欺罪は重罪なのに、、、

訴えているユーザーの声も届いているハズなのに、、、

 

それにも関わらず、

中国政府がプラストークンを逮捕しない。

やっぱり「違和感」が残りますねw

 

今回のまとめ

・プラストークンは詐欺だ

・プラストークンは復活する

 

どちらも確定していませんし、

結果的にどちらに転ぶかも

正直分かりません。

 

しかし、

復活が絶望的な訳でもありません。

 

希望的観測ではありますが

復活するかもしれない情報もあり

実際の所、プラストークンのサーバー

だと思われるモノは今も更新されています。

=作業している人物がいて、動きがある

 

「プラストークンは何もかもが停止して全く動いていない」

 

なんて事はなく、

マイニングの機械も

今でも毎日歩数をカウントして

そのシステムは動き続けています。

 

システムの全てが止まり

なんの情報もなくなり

しかも代表のレオが逮捕された

 

となれば、

詐欺と確定して諦めもつきます。

 

ですが、

現状では「分からない」状態であり

詐欺とも復活するとも

どちらとも言えません。

 

ただ、

復活するかもしれない情報はあるので

続報を期待して、お待ちいただければ

 

と思います。

 

PlusToken(プラストークン)騒動から学ぶ事

今回の様な事態は

PlusToken(プラストークン)に限らず

どんなビジネスでも起こり得る「想定内」の出来事です。

 

「想定内」の事ですから

予め備えておく必要があります。

 

例えば、

資産のポートフォリオを最適化させる。

(※資産の保有割合)

 

PlusToken(プラストークン)だけ

それのみに投資するのは危険です。

 

勘違いして欲しくないので言っておきますと

 

「PlusToken(プラストークン)が危険」

 

という意味ではありません。

もしもPlusToken(プラストークン)に何かあった時

今回の様に配当が貰えない、出金できない状態が続きます。

 

仮にあなたが

PlusToken(プラストークン)のみに頼って

生計を立てていれば、

当然困るし、死活問題になるでしょう。

 

だからこそ

PlusToken(プラストークン)の以外の

 

・配当型ウォレット

・金(ゴールド)やアンティークコインなどの現物資産

・株式やFX、為替などの金融商品

 

などに

予め資産を振り分けておくべきです。

 

そうしておけば

例えPlusToken(プラストークン)の配当が停止しても

他のモノから収入を確保できるので

生活に困る事はありません。

 

このポートフォリオの考え方は

非常に大切な事です。

 

今回のPlusToken(プラストークン)から

ポートフォリオについて

学んで頂けますと幸いです。

 

以下に私が推進している

配当型ウォレットの記事をリンクしておきます。

Magic Money Castle(MMC:マジックマネーキャッスル)登録、運用方法

見た目はメルヘン 中身はしっかりしている新案件の登場です。   ドラゴンク〇スト? を彷彿とさせるような 親しみやすいプラットフォームになっています。     Magic ...

続きを見る

MMCは日利1%以上を

叩き出しています。

 

仮想通貨によるFXトレーディング

バイナリーオプションなど

収益の柱がいくつかあり

それらの運用益として日利1%以上を

実際に受け取っています。

 

参加者もどんどん集まっており

かなり注目を集めていますね!

よろしければ併せてご参照ください。 

 

 

続いて、

こちらの新しい形のウォレットである

KOK Wallet(ウォレット)もお勧めです。

 

「ゲーム × 配当型ウォレット」

 

という、斬新な組み合わせです。

KOK Wallet(ウォレット)の登録、入金、運用方法解説【30万円相当の特典】

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

続きを見る

 

ぜひ、KOK Walletの記事も

読んで頂ければと思います。

 

私経由で配当型ウォレットに参加した方々の声

最初は疑心暗鬼だった方ですが、

今では増額も考えているそうです。

 

夜の仕事をされている方ですね。

今後はバイナリーでも投資を試みて、

ある程度稼げるようになれば、

夜の仕事は辞めるそうです!

 

完全に特典目的で参加された方です(笑)

元々、私が販売するツールに興味があったようです。

この方の様に

 

「特典目的での参加」

 

でも全然OKです。

それでも毎日の配当で稼げてしまいますからね。

 

この方は仮想通貨や投資自体が初めてで、

分からない事だらけでした。

 

誰でも最初は分からない事ばかりですから

この様な形でサポートも致します。

 

LINEであれば確認もスムーズですので

LINEでご連絡して頂けますと幸いです!

 

配当型ウォレットに参加して

これから先の明るい未来を一緒に歩んでいきましょう!

 

あなたのご参加お待ちしております!!

おすすめ記事

1

  1月末に始まり、 現在も継続して運用中のポケットハッシュ。   登録してKYC認証するだけで 900ドル分の運用資金がもらえる!   という事で、日本国内でも かなり ...

2

  新型コロナウィルスの影響を受け 日経平均、NYダウともに暴落し 仮想通貨市場にもその余波は及んでいますね。   つい先日までは 1BTC=約9000ドルだったのが、 &nbsp ...

3

スマホでよく使う 「アプリ」と言えば、   LINEやTwitterを含むSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)   ですが、 それに次いで多いとされるのが 「ゲーム」です ...

4

【追記】 ポケットハッシュの900ドル、プレゼントキャンペーンは4/25の23:59を持って、一旦終了となりました。   今回ご紹介するのは 新年1発目のウォレット案件です。   ...

-プラストークン(plustoken)情報まとめ
-, , , , , , ,

Copyright© 仮想通貨ウォレットで生活してみる? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.